ホーム » 「丹南CATV」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 丹南CATV

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

丹南CATVで、逆引きに失敗

先日の光ルータのトラブルで、ルータ交換となったがDHCPで割り当てられる IP アドレスが変わってしまった。ただ、このおかげで接続ができないサーバが出てきた。

逆引きができない

調べてみると、丹南CATVの64.33.xx.xxのIPアドレスで、逆引きができない。

$ nslookup 64.33.3.xxx 8.8.8.8
xxx.3.33.64.in-addr.arpa name = ttn64-33-3-xxx.ttn.ne.jp.
$ nslookup ttn64-33-3-xxx.ttn.ne.jp 8.8.8.8
** server can't find ttn64-33-3-xxx.ttn.ne.jp: NXDOMAIN

このため、ssh などでドメイン名によるアクセス制限をしている場合に、はじかれてしまう。

悪いなぁ…と思いつつ丹南CATVの連絡窓口に

この前の、光ルータのトラブルで、丹南CATVに連絡したばかりだけど、今回の問題は、他の利用者でも同様のトラブルでクレームも出るだろう。ということで、悪いなぁ…と思いつつ再びWebの連絡窓口に投稿…。

早々に逆引き設定修正

早々に、丹南さんより、設定修正の連絡を受けた。んで、無事にサーバにも接続できました。ありがとーございますっ❢

丹南CATVの光ルータ交換

ポートフォワード設定が出来ない

自宅のネットワークは、サーバの公開などでDMZやポートフォワーディングの設定を行っている。ただ、2018-11月頃のルータのファームウェア更新があった頃から、ポートフォワーディングの設定が触れない状態となっていた。ルータのファームウェア更新が適宜かかれば、問題が解決するかと、そのままにしていたけど、ポートフォワーディングの設定を追加したくなった。

光ルータの交換

サポートに連絡を入れると、技術者の訪問チェックで再現するようであれば、ルータの交換とのことであった。G-240W-Bの設定などを見ると、固定電話機能には、VLANを切ってブリッジ接続をしているような設定となっている。このため、利用者が簡単に「販売時状態にリセット」などを行うと、通信ができなくなってしまう。このため、訪問してくれた技術者の方でも設定は簡単にできないようであった。このため、基本設定済みのルータと交換を行うみたい。

ということで、技術者の訪問時に状況が再現するのを確認し、光ルータの交換。当然、ポートフォワーディングなどの機能も無事に設定できるようになっていた。

原因は、G-240W-B のファームウェアのバグだろう。たぶん、今回交換で持ち帰ったルータも、販売時状態にリセットすれば、今回の問題も解決するんじゃないかな。

ついでにパソコン周りの掃除

設定更新よりも、業者さんに部屋に入ってもらうための、パソコン周りの掃除の方が大変だったかな。サーバの後ろの排気ファン周り、すごいホコリだった。

丹南ケーブルの新DNS

丹南ケーブルさんから、ネットワークの安定対策でDNSサーバの更新と、古いDNSを2018/01/16に停止するとの書類が送付されてきた。

- 202.127.80.1 プライマリ # 2018/01/16に停止予定
- 202.127.80.2 セカンダリ # 2018/01/16に停止予定
+ 202.127.80.3 プライマリ
+ 202.88.193.82 セカンダリ

停止するDNSサーバは、IPアドレスが連番で、DNS 所属する上流ネットワークで機器トラブルが発生したら、サービス全体に影響してしまう。このため、セカンダリは別ネットワークに構成するのが定番なので、そういった対策なんだろう。

ただ、最近は DNS に、Google の 8.8.8.8 を指定するのがデフォルトな環境も増えている。んで、我が家は先日、Cisco の OpenDNS に切り替えているので、特に影響はない。

トラブル時の DNS 設定を探すために、/etc/bind/named.conf.options の fowardars 欄に、コメントで情報書き込んでおいた。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト