ホーム » 「Bash on Windows」タグがついた投稿

タグアーカイブ: Bash on Windows

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

Windowsのwslコマンド

紹介記事で、最新のWindows での Windows Subsystem for Linux の使い方の説明があった。普通に bash.exe を起動する以外にも、wsl コマンドがあり、コマンド1つでも Linux の呼び出しができるんだ。

C:\User\foo> wsl ls -al                  Windows で ls -al を実行
-rwxr--r-- 1 foo  foo  20  5月  1 06:05 ntuser.ini
lrwxrwxrwx 1 foo  foo   0  5月  1 05:40 スタート メニュー
C:\User\foo> wsl vi test.c               普通にコーディングと実行もできる。
C:\User\foo> wsl gcc test.c
C:\User\foo> wsl ./a.out
C:\User\foo> type test.c | wsl grep "#"  Windows と Linux 間でパイプをつなげることも可能

WSLでdebianを入れる

WSL(Windows Subsystem for Linux?) で Debian が簡単にインストールできるようなので、インストールしてみる。

Bash on Windows で Ubuntu は使わないので消す

Debian 派生の Ubuntu といっても、デスクトップ環境が使えないなら、Ubuntu の必要性はない。Windows で LaTeX 環境として使っていた程度で、執着はないので、あっさり消す。

> cmd.exe 管理者モードで起動
> lxrun /uninstall /full

WSL で Debian を入れる

サーバ管理という点では、Debian に慣れているし、ほぼ Ubuntu でいいじゃんと思いつつも、信者なので。

Enter new UNIX username: xxxxxxxx
Enter new UNIX password: yyyyyyyy
Retype new UNIX password: yyyyyyyy
$ sudo bash
# apt-get update ; apt-get dist-upgrade
# apt-get install aptitude
# aptitude install lv w3m git \
      emacs25 anthy anthy-el \
      cjk-latex latex-cjk-all tgif man \
      gcc g++ flex bison make cmake
# aptitude purge nano
# vi /etc/locale.gen
ja_JP.UTF-8 UTF-8  # コメントを外す
# locale-gen
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

wsl.conf

(( /etc/wsl.conf ))
# Enable extra metadata options by default
[automount]
enabled = true
mountFsTab = true
root = /mnt/
options = "metadata,umask=22,fmask=11"

# Enable DNS – even though these are turned on by default, we’ll specify here just to be explicit.
[network]
generateHosts = true
generateResolvConf = true

ssh_exchange_identification connection closed

自宅でBash On Windows の環境から ssh でサーバに入ろうとしたら、以下のようなエラーで接続エラー。

$ slogin server
ssh_exchange_identification connection closed

色々確認したら、自宅内の IPv6 のアドレスとれるようにしてあって、IPv6 でつなげようとしてた。hosts.allow に、fe80::/64 を追加。

(( /etc/hosts.allow ))
+ sshd: [fe80::0]/64

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト