ホーム » 「icinga」タグがついた投稿

タグアーカイブ: icinga

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

WEX733DのMACアドレスが変化

メッシュネットワークも一通り設定が終わり、安定して使えるように…と思ったら、1F居間と2FをつなぐWEX733Dから返答がない。(icingaを使って主要なデバイスの生死監視をしている)

確かめてみると、親機に設定した際のMACアドレスと、違ったMACアドレスになっている。このため、こちらが想定しているWEX733DのIPアドレスと異なるため、ping などが取れなかった。

WEX733D-前 60:xx:xx:29:xx:xx
WEX733D-後 62:xx:xx:28:xx:xx

この症状は、他の Buffalo のルータでも確認していて、WZR-1166DHP2では、

WZR1166DHP2 B0:xx:xx:xx:xx:xx
WZR1166DHP2 B2:xx:xx:xx:xx:xx

のような値が取れていた。今回 WEX733D には、DHCP の fixed-address の設定を使っているため、これを正しく登録しておかないと、IPアドレスが変化してしまう。

今回のMACアドレスを確認すると、第1オクテットのBit1は、グローバルアドレスとローカルアドレスを区別するビットみたい。

そこで、60…と62…では、それぞれ違うIPアドレスを対応づけて、死活管理で以下のように設定した。

確認用の script では、2つの check_ping を || で連結し、本来のIPアドレスで返答がなければ、予備のIPアドレスの返答を確認することとした。

define command{
  command_name check_host_alive_multi
  command_line /usr/lib/nagios/plugins/check_ping
                  -H '$HOSTADDRESS$' -w 5000,100% -c 5000,100% -p 1
            || /usr/lib/nagios/plugins/check_ping
                  -H '$ARG1$' -w 5000,100% -c 5000,100% -p 1
  }

define host{
  use            generic-host
  host_name      wex733d
  alias          wex733d
  address        192.168.xx.xx
  check_command  check_host_alive_multi!192.168.xx.yy
  }

icingaからgoogle-home-notifierで警告

あまりにも暑い日が続くなか、夜は涼しくなるかとエアコンを控えめにすると、暑さで目が覚めることもある。部屋の温度は、温度・湿度センサーで測っているし、google-home-notifier を使って暑さの警告をしゃべらせてみる。単純に温度が設定温度を越えたら…なんてプログラムだと、頻繁に喋られてもうるさいし、icinga から呼び出させてみた。

警告時にプログラムを起動

## /etc/icinga/commands.cfg 追記 ##
# 'notify-host-by-program' command definition
define command{
   command_name  notify-host-by-program
   command_line  /etc/icinga/commands-host.sh \
      "$HOSTNAME$" "$NOTIFICATIONTYPE$" \
      "$HOSTSTATE$" "$HOSTOUTPUT$"
   }

# 'notify-service-by-program' command definition
define command{
   command_name  notify-service-by-program
   command_line  /etc/icinga/commands-service.sh \
      "$HOSTNAME$" "$SERVICESESC$" "$NOTIFICATIONTYPE$" \
      "$SERVICESTATE$" "$SERVICEOUTPUT$"
   }
## /etc/icinga/objects/contacts_icinga.cfg 追記 ##
define contact{
   contact_name                    notifyProgram
   alias                           NotifyProgram
   service_notification_period     24x7
   host_notification_period        24x7
   service_notification_options    w,u,c,r
   host_notification_options       d,r
   service_notification_commands   notify-service-by-program
   host_notification_commands      notify-host-by-program
   email                           foobar@example.com
   }
define contactgroup{
   contactgroup_name       adminsProgram
   alias                   Administrators and Notify Program
   members                 root,notifyProgram
   }

温度センサーの設定

## /etc/icinga/objects/localhost_icinga.cfg ##
# USBRH
define service{
   use                    generic-service
   host_name              localhost
   service_description    USBRH
      check_command       check_usbrh2!32!35!81!85
      contact_groups      adminsProgram
   }
## /etc/icinga/commands-service.sh ##
#!/bin/bash
# icinga からプログラムにより警告
#    ((commands.cfg を参照))
#    /etc/icinga/commands-service.sh
#       "$HOSTNAME$" "$SERVICESESC$" "$NOTIFICATIONTYPE$"
#       "$SERVICESTATE$" "$SERVICEOUTPUT$"
case "$2-$3" in
  USBRH-PROBLEM )
    case "$4" in
      WARNING | CRITICAL )
        if [ "$4" == "CRITICAL" ]; then
          MESS="部屋の温度が危険です。"
        else
          MESS="部屋の温度に注意してください。"
        fi
        /usr/bin/printf "%s %.1f 度 %.1f %%" "$MESS" \
           `温度と湿度を取得するスクリプト` \
           | 標準入力をgoogle-home-notifierに送るスクリプト
        ;;
    esac
    ;;
esac

icinga の check_mailq が動かない

自宅サーバは、icinga で状態検知をしているけど、アップデートをしていたら、check_mailq が正常に動かなくなった。
動作確認のために、手作業で以下の命令を実行したけど、問題ない。

(( 手作業で確認 ))
$ /usr/lib/nagios/plugins/check_mailq -w 2 -c 5 -M postfix
OK: postfix mailq reports queue is empty|unsent=0;2;5;0

(( /var/log/icinga/icinga.log を確認 ))
... Warning: Check of service 'Postfix mailque' on host 'localhost' did not exit properly

icingaの組み込みPerl呼び出しが原因

icinga.log のメッセージをヒントに調べてみたら、icinga がプラグインの Perl Script を呼び出す時に、組み込み perl を使うことによって発生する。icinga は、定時処理の負荷低減のために、Perl で書かれたプログラムは、icinga に組み込まれた軽いPerl インタプリタを呼び出すが、これは簡易版Perlなので動かないプログラムもある。この場合、Perl Script の先頭に “# nagios: -epn” を入れることで、組み込みPerl呼び出しを抑止できる。

nagios-plugin の更新の中で、”-epn” が消されたのかな。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト