ホーム » 「Edgerouter-ER-X」タグがついた投稿

タグアーカイブ: Edgerouter-ER-X

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

EdgeRouter-X で ssh 公開キーの登録

CUIで登録する方法

EdgeRouter-X で ConfigTree で設定できる項目は増えていて、WebUI で登録できそうなんだけど、失敗するので、CUI で登録する。

((接続元))
$ cat ~/.ssh/id_pub.rsa
ssh-rsa XXX....XXXX xxxx@server
((EdgeRouter))
$ configure
# set system login user xxxx
    authentication public-keys xxxx@server type ssh-rsa
# set system login user xxxx
    authentication public-keys xxxx@server key XXX....XXXX
# commit
# save
# exit

WebUIで登録する方法

設定ができた後だと、ConfigTree に設定内容が反映されて、WebUI での正しい設定のやり方が分かった。

EdgeRouter ER-X Firmware v1.10.3

自宅サーバの EdgeRouter ER-X の最新ファームが5/14に出ていた。

ということで、早速適用。職場の昼休みなのでリモート接続越しなんだけど、なかなか無謀だよな。あんど、無事に接続できることを確認。接続時に確認のメールを出すための設定ファイルを書き込んで、無事更新完了。

dnsmasqがEdgerouter-Xで使われているな

dnsmasq という、/etc/hosts を活用する簡易型DNSサーバに脆弱性の情報。

先日、職場で bind9 で自室用 DNS サーバを立てたけど、Know/How があったとは言え、面倒だった。dnsmasq なら簡単にサーバを立てられそう。とはいえ、脆弱性があるし入れられない…。

でも調べてみたら、自宅の VPN サーバとして使っている EdgeRouter-X が、dnsmasq-2.76 で、脆弱性の対象だった。

EdgeRouter-XのL2TP接続メール設定が消えてた

EdgeRouter-X 1.9.1.1 の更新の後、 L2TP接続時にメール送信の設定が消えていた。

保存しておいた *.tgz ファイルをアップロードして展開&reboot

EdgeRouter-X 1.9.1.1

安価なVPNルータとして自宅で使っている、EdgeRouter-X が このゴールデンウィーク直前に 1.9.1 → 1.9.1.1 が出ている。

微妙な末尾のリリース番号だし、早々に適用しておこう。

1705011920_604x350.png

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト