ホーム » コンピュータ

コンピュータ」カテゴリーアーカイブ

システム

アーカイブ

カテゴリー

php5からphp7に変更

この2日間、朝になると自宅のWebサーバが落ちている。決まって同じ時間から症状が発生しているので、状況を調査。

apachectl reloadで発症

すると、logrotated が、ログの切替処理の中で “/etc/init.d/apache2 reload”を実行すると、その後から動かないことが見えてきた。
/var/log/apache2/error.log を観察すると、以下のようなエラーが多発。

[Fri May 11 ...AH00052: child pid 1475 exit signal Segmentation fault (11)
[Fri May 11 ...AH00167: long lost child came home! (pid 1475)
[Fri May 11 ...AH00052: child pid 1476 exit signal Segmentation fault (11)
[Fri May 11 ...AH00546: no record of generation 0 of exiting child 1476

これをネタにググったら、php が原因のような話があったので、現状の php5 を php7 に変更してみた。

php7.0に変更

$ sudo a2dismod php5
$ sudo a2enmod php7.0
$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

そうしたら、無事に reload ができるようになってきた。

php7.2 に変更しようとしてみたが、WordPress の中で使っている PHP Code widget が非対応ということで、ひとまず見送り。

anthy から mozc に移行

今まで、emacs での日本語入力には、anthy を使っていたけど、 emacs25 + anthy(1:0.3-6) になったあたりから、記号をタイプすると、 \xxx\xxx\xxx といった、UTF-8 のゴミが表示されるようになってきた。

色々と設定を触っているけど、うまく治らない。

mozc を使う

原因をこれ以上調べていても面倒なので、mozc(google-ime) に切り替えてみた。

(( install ))
$ sudo aptitude install emacs-mozc mozc-server mozc-data

(( .emacs/init.el ))
+ (load-library "mozc")
+ (set-input-method "japanese-mozc")

さほど、問題はないんだけど、canna – anthy と使ってきた慣れで、 変換範囲の変更が \C-i \C-o で変更できないのが気持ち悪いな。

Windows の WSL じゃ mozc-server で動かない

環境を揃えるという意味で、Windows 上の Linux 環境でも mozc にするか…と思ったけど、mozc は ローカルホストで、mozc-server を動かすサーバ・クライアント型。ダメだろうとは思ってたけど、試してみると、インストール直後は サーバを起動してくれたから、変換できたけど、WSL のウィンドウを全部消してから、改めて使うと mozc-server が落ちてるので、漢字変換ができない。 WSL のデーモンいつになったら、使いやすくなるのかな。

WSLでdebianを入れる

WSL(Windows Subsystem for Linux?) で Debian が簡単にインストールできるようなので、インストールしてみる。

Bash on Windows で Ubuntu は使わないので消す

Debian 派生の Ubuntu といっても、デスクトップ環境が使えないなら、Ubuntu の必要性はない。Windows で LaTeX 環境として使っていた程度で、執着はないので、あっさり消す。

> cmd.exe 管理者モードで起動
> lxrun /uninstall /full

WSL で Debian を入れる

サーバ管理という点では、Debian に慣れているし、ほぼ Ubuntu でいいじゃんと思いつつも、信者なので。

Enter new UNIX username: xxxxxxxx
Enter new UNIX password: yyyyyyyy
Retype new UNIX password: yyyyyyyy
$ sudo bash
# apt-get update ; apt-get dist-upgrade
# apt-get install aptitude
# aptitude install lv w3m git \
      emacs25 anthy anthy-el \
      cjk-latex latex-cjk-all tgif man \
      gcc g++ flex bison make cmake
# aptitude purge nano
# vi /etc/locale.gen
ja_JP.UTF-8 UTF-8  # コメントを外す
# locale-gen
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

wsl.conf

(( /etc/wsl.conf ))
# Enable extra metadata options by default
[automount]
enabled = true
mountFsTab = true
root = /mnt/
options = "metadata,umask=22,fmask=11"

# Enable DNS – even though these are turned on by default, we’ll specify here just to be explicit.
[network]
generateHosts = true
generateResolvConf = true

味真野小学校/万葉中学校/鯖江高校のTwitterBotを停止

今まで、味真野小学校(@AjimanoES),万葉中学校(@ManyoJHS),鯖江高校(@SabaeHS) のホームページの更新情報をつぶやく勝手BOTを運営していた。しかし、子供も進学&卒業と共にメンテナンスが疎かになってしまって、変な動作をしても迷惑をかけてしまうので、Tweetするためのdlvr.itの各アカウントと、Twitterアカウントを停止した。どのアカウントも多少は利用者がいたけど、大量ユーザというほどでもないので、あっさり削除。

 

IPv6パススルーをOFF

自宅内では、外部とはつながっていないけど、IPv6 の管理を行っていて、それなりにうまく動いていると思っていた。(自宅内のみの、IPv6 DNS , DHCPv6 , ssh) しかし、久々に持ち帰った PC が、自宅サーバに繋がらない。原因は、根っこの自宅ルータが、IPv6 機能を持っていて RA 情報を流してくれるため、DHCPv6 を動かしているのに無視されている。

根っこのルータの配下につながっている、Buffalo のルータの IPv6 パススルーの設定をOFF にした。これで、自宅サーバの DHCPv6 情報を使ってくれるようになった。

Squidフィルタを撤去

子供のコンテンツフィルタとして、自作のフィルタを動かしていたけど、Squid の設定ファイルが随分古くなっていたので、フィルタ関連の設定やファイルを撤去。

MauiBotって何?

何気なく、webalizer の結果を確認していたら、/wp/wp-json/oembed/1.0/embed のアクセスが急増している。MauiBot なる crawler も急増。関係あるのかな。

今どきの家庭内LAN

今どきの家庭内LANは、こんなもんだよね…という他の人の記事をみて…メモ。

/etc/hosts 確認したら、41台。(^_^;

cec-client と cec-o-matic

自宅のAV機器の制御は、eremote-RM で色々できるようになったけど、cec-client もうまく使えば、便利な使い方ができるな

$ echo "tx 2f:36:00:00" | cec-client -d 1 -s # 全部の電源を切る(standby)
$ echo "tx 20:44:xx:00" | cec-client -d 1 -s # テレビに xx の制御コードを送る
$ echo "tx 2f:82:xx:xx" | cec-client -d 1 -s # xx:xxのデバイスに入力切替

だけど、cec-client は、起動時にデバイス調査の処理を色々するので、反応が悪い(1.5秒ほどのタイムラグ)。このため、サクサクとリモコン操作という感じにならない。

入力の切替は、リモコンでもできるけど、押すたびに次の入力に変わる相対的変更ため、チューナーに切り替えるといった絶対的な切替えができない。この点、”tx 2f:82:xx:xx” は絶対的入力指定ができるので、cec-client の価値がある。

FA:8F:CA:XX:XX:XXはGoogle Homeのゲストモード用

WiFi中継器を置いても子供から無線LANに繋がりにくいとの指摘で、自宅WiFiを調べていたら、得体のしれないMACアドレス「FA:8F:CA:XX:XX:XX」が見える。MACアドレス検索をしても該当するものはない。試しに自宅WiFiのチャンネルを切り替えたら追従してくる。(粘着かっ!)

あまりにもストーカーっぽいものを仕掛けられたかと心配になったけど、普通にGoogleでFA:8F:CAと検索をかけたら、Google Home Mini のゲストモードが原因との情報がでてくる。オープン接続なのも不気味だし、来客にGoogle Home触られるのも不気味(そもそも来客来ないけど)なので、携帯のGoogle Homeアプリにて、ゲストモードを止めてみた。

でも、Google さんも、FA:8F:CA をVendor リストに入れておいてほしいよな…と思ったけど、MACアドレスにもローカルアドレスってあるんだな。先頭オクテットが0x02のビットが立ってると、ローカルなのか。

うーん、ゲストモードをオフにしても、2.4GHz帯のが消えないんだけど…。

検索

My Google Yahoo
Gmail Map Google翻訳 News Calendar