ホーム » 「arpalert」タグがついた投稿

タグアーカイブ: arpalert

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

iphoneの検知難しい

大学でアパート住まいの子供が、帰っているのか確認するために、LINE beacon を置いて検知を試したけど、bluetooth を切って既読スルーなヤツなので、ほとんど検知することができない。

そこで、アパートでは無線LANルータを使ってるし Raspberry-Pi で、arpalert を使えば簡単に検知できるだろうと、実験中。でも iPhone はセキュリティ対策なのか、 arp の返答は必要最小限なので同じサブネットとはいえ、そのままでは通信の必要の無い raspberry-pi には、ARP 情報が送られてこない。また ping には返答しないようで、単純に ping で確認も困難。ということで単純な arpalert では検知が難しいなぁ。

定時処理で、”arping -c 1 -I wlan0 IPHONEのIPアドレス” を実行させて、強制的に ARP を送ってもらうか…

arpalertを使ってみる

Wi-Fi経由の勝手な接続などの検出ということで、arpwatchを使っていたけど、 携帯で3G経由で使った後だと、そのアドレスでWi-Fi接続を試すため、 いちいち警告メールが届くのが紛らわしい。 そこで、別のARP監視システムを探してみた。

arpalert は、監視して whitelist とか、発見時のスクリプトを指定できるので、 もう少しきめ細かな警告ができそう。

Debianのパッケージで入れて、警告時に起動するスクリプトに、付属のスクリプトを修正して登録してみた。動かすとサーバ自体の警告メッセージが送られてきた。 原因は、古いサーバとの互換性を考えて、1つのインタフェースに2つのIPアドレスを割り振っているためだった。チェックの度に、2つのアドレスで変わっているとみなされている。 しかたがないので、maclist.allow の最後に、ip_change フラグを付けて、 アドレス変化を無視させる。

(( インストール ))
# aptitude install arpalert
(( /etc/arpalert/arpalert.conf ))
Debianのパッケージをそのまま。
(( /etc/arpalert/maclist.allow ))
xx:xx:xx:xx:xx:xx 192.168.xx.xx eth0
xx:xx:xx:xx:xx:xx 192.168.xx.yy eth0 ip_change
xx:xx:xx:xx:xx:xx 192.168.xx.zz eth0 ip_change
(( /etc/default/arpalert ))
ARGS="-e /etc/arpalert/send_alert.sh"
(( メール送信のひな形をコピー ))
# cp /usr/share/doc/arpalert/examples/scripts/contribs/send_alert.sh /etc/arpalert/
(( /etc/arpalert/send_alert.sh ))
#!/bin/sh
# Intruder MAC address
intruder_MAC=$1
# Intruder IP address
intruder_IP=$2
# Alert Type
intruder_AlertType=$5
# Ethernet Vendor
intruder_Vendor=$6
# Mail recipient
mail_To="root"
date=`LANG=C /bin/date`
# Subject
mail_Subject="[arpalert] IP/MAC alert"
# Body and send mail
cat << EOF | mail -s "$mail_Subject" $mail_To
[arpalert] Intruder Detected
Intrusion time stamp : $date
Intruder IP  Address : $intruder_IP
Intruder MAC Address : $intruder_MAC
Type of alert : $intruder_AlertType
Ethernet Vendor: $intruder_Vendor
EOF

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト