ホーム » T-Saitoh

T-Saitoh」カテゴリーアーカイブ

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Windowsのアプリをwingetでインストール・更新

winget でインストール

Windows のパッケージ管理ソフト Winget 1.1 が更新されたということで、更新作業が楽な様にと、winget でのインストールを行う。その後で、winget upgrade –all を実行したら、ソフトのインストーラでインストールしていたソフトでも更新がかかる。VcXsrv なども更新となって、こりゃ便利。

((( 管理者モードで Windows Terminal を開く )))
((( winget の更新 )))
C:\> winget upgrade winget

((( メジャーなソフトのインストール )))
C:\> winget install vscode
C:\> winget install -e --id Mozilla.Firefox
C:\> winget install -e --id Mozilla.Thunderbird
C:\> winget install -e --id Google.Chrome

((( パッケージの検索 )))
C:\> winget search Google.Chrome

((( パッケージの一覧 )))
C:\> winget list
Microsoft 365 Apps for enterprise  Microsoft.Office    16.0.14430.20234 winget
Microsoft OneDrive                 Microsoft.OneDrive  21.180.0905.0007 winget
# winget でインストール可能なものは、最後に winget の表示付き

((( インストール済みパッケージの更新 )))
C:\> winget upgrade --all

超便利なんだけど、まとめて更新がかかって、デスクトップにアプリへのショートカットがどかどか作られた。デスクトップにアイコン大量に並ぶのは嫌いなんやけどなぁ。

(2021/10/14追記)

winget upgrade –all を実行すると、Microsoft Teams をインストールしようとして、他のバージョンが既にインストールされていますの警告。Thunderbird は、インストールに成功しても、再度 upgrade が実行されるトラブル。

Thunderbird は、91.xx.x(64bit) と 78.xx(x86) が2つインストールされていたのが原因。ということで、78.xx(x86)を 設定-アプリ で削除。

Microsoft Teams は、”winget uninstall Teams” を2度実行して確実に消してから(–id などで一方を指定しても消せなかった)、改めて “winget install -e –id Microsoft.Teams” でインストール。

また、改めて更新をかけると、VisualStudioCode が2つ。これまた確認すると、一つはシステム領域にインストールされたものと、各ユーザ領域にインストールされたものだった。ということで、ユーザ領域のパッケージを選んで削除する。

C:\WINDOWS\system32>winget list VisualStudioCode
名前                                ID                                         バージョン ソース
-------------------------------------------------------------------------------------------------
Microsoft Visual Studio Code        Microsoft.VisualStudioCode                 1.61.1     winget
Microsoft Visual Studio Code (User) {771FD6B0-FA20-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}_is1 1.61.1

C:\WINDOWS\system32>winget uninstall {771FD6B0-FA20-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}_is1

こういう無駄にインストールされているのが見つかって、コマンド・ぽちぽちで消せるのはありがたいね。

@TohruSaitoh-21/10/10

procon32

秋の花粉症

  • 10/09 昨日、頭痛ひどくて花粉アレルギーの薬飲んだら、効いてるな。秋の花粉症って、テレビとかで「今日の花粉量は…」って騒がれないから、花粉症に気づくまで頭痛やボーっとする症状にムダに悩まされる…。 #秋の花粉症


この記事は@TohruSaitohのつぶやきのまとめです。

@TohruSaitoh-21/10/08

FacebookとInstagram

Suica

mineo

suica

  • 10/05 Suicaもチャージ時にトラブルが発生との情報。今日は世界的に厄日かっ。Suicaのチャージ復旧処理は面倒なので、お試しチャージはやめておく。 #suica [$(D+)??$(D+2¨?$(D+#”k?]


この記事は@TohruSaitohのつぶやきのまとめです。

15年?ぶりの日野山

最近、体力づくりで、武衛山で満足してたけど、シーズン1回は日野山で自分の体力確認したかった。ということで、上ってみた。早い人は2時間で登山/下山のようだけど、体力のないヤツはトータル4時間越え。でも、8月頃に武衛山でヘロヘロになったのに比べれば、今日はまだ体力残ってるかな。

15年?前は、担任クラスの秋のレクリエーションで、学生はその後の体育祭の応援練習してたよなぁ。

今までのウォーキング・ハイキングの反省で、靴も下山時の靴擦れ対策で、つま先をちゃんと締めたりした成果もあり、足は無事だったな。岩場のコケで滑ったりで若干足をひねりかけたけど、トレッキングポールで倒れずにすんでるし、体力不足原因の筋肉痛以外はなんともなさそう。

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

Makefile に git は邪道?

今まで、git はあんまり使ってこなかったが、講習会向けのファイル配布を github で簡単にできるようにするために、準備。

だけど、使い慣れていないからコマンドをいちいち確認。でも、add , commit , push の流れとかも、いちいちキー入力するのは面倒。IDE 環境使えば git コマンドも簡単なのかもしれないけど、オールドタイプは「make 使えばいいじゃん…」となってしまう。

git コマンド発行用 Makefile

以下の Makefile をプロジェクトに入れておけば、add, commit, push も “make”一発。

# git@example.com:foo/bar.git
GH_ID           = foo
GH_PROJECT      = bar
GH_SSH          = git@example.com:$(GH_ID)/$(GH_PROJECT).git

REPOSITORY      = origin
BRANCH          = master

DATE            := $(shell date +%Y/%m/%d)
HOSTNAME        := $(shell hostname)

all:            add commit push
                @echo $(GH_SSH)

add:;           git add -u
commit:;        git commit -m $(DATE)-$(HOSTNAME)
push:;          git push $(REPOSITORY) $(BRANCH)
pull:;          git pull $(REPOSITORY) $(BRANCH)

ただ、この設定しちゃうと、ちょっとファイルを触っただけでも “make” しちゃう癖がついているので commit を乱発することになるので、バージョン管理という意味では邪道かもしれない。、

dotfile を git で管理

以前、git を活用している人の記事で、リモートサーバを渡り歩く時、自分用の .bashrc などの dotfile をいちいちコピーするのは面倒だから、git を使う…というのがあったのでやってみる。

  • 自宅サーバで、ssh 経由で更新できる git サーバ環境を構築
  • dotfile 用のフォルダを作り、対象の dotfile をコピー
  • git init で dotfile フォルダを管理対象に
  • $HOME/.bashrc など消して、ln -sf dotfile/bashrc .bashrc で参照するように設定。
  • 前述 git コマンド発行用のMakefile なども準備して、make
  • あとは、新しいサーバを触る時には、”git clone git@…dotfile.git”

 

iOS15でナビとのテザリングが改善

iOS15で改善された機能だけど、ナビとiPhoneをインターネット共有でのWiFi接続がちゃんと動くようになった。
{CAPTION}
相性のいいナビなら普通の機能なんだけど、私のトヨタAquaでは、今までは「設定-インターネット共有」の画面を開かないとテザリングが始まらなかった。(相性が悪くって、WiFiの接続情報が重複登録されて「インターネット共有」の画面を開いても繋がらない状態になったりもする。)
だから、車の起動時にBluetooth接続したら、「インターネット共有」の画面を起動するショートカットを作ったりもしたけど、ショートカットが起動する度に通知確認が必要だったりで、テザリングのための何らかの操作が必要だった。
でも、今回のアップデートのお陰で勝手に繋がるようになっている。

dovecot が動かない Let’s Encrypt 証明書問題

数日前から、iphoneで自宅サーバのメールを見ると証明書が有効期限切れとのエラーが表示される。パソコンから Thunderbird で見るのには影響がないようだ。設定を色々と確認しても改善しない。

/var/log/mail.log を見ると、”SSL issue: alert number 46″ などのエラーメッセージが残っていて、dovecot と合わせてググると、Let’s Encrypt のルート証明書が、2021/09/30 で切れるといった記事が見つかり、これが影響しているようだ。

dovecot の設定の修正

さらに検索すると、ようやく対応記事が見つかった。ssl_cert の cert.pem を fullchain.pem に替えるだけ。こちらの資料を見ても、dovecot とか postfix なら fullchain.pem を使うような説明がある。

((( /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf )))
# ssl_cert = </var/lib/dehydrated/certs/自宅サーバ名/cert.pem
ssl_cert = </var/lib/dehydrated/certs/自宅サーバ名/fullchain.pem

((( restart dovecot )))
$ sudo systemctl restart dovecot

postfix の設定の修正

同じような設定は postfix も使っていたはず。試しに、iphone でメールを出そうとすると、dovecot と同じような証明書が信用できないとのメッセージでメールが送れない。

((( /etc/postfix/main.conf )))
# smtpd_tls_cert_file=/var/lib/dehydrated/certs/自宅サーバ名/cert.pem
smtpd_tls_cert_file=/var/lib/dehydrated/certs/自宅サーバ名/fullchain.pem

((( restart postfix )))
$ sudo systemctl restart postfix

mineo 10GB/day

寮の宿直で、LANアダプタを持ってきてなくって、mineoで接続。月末だし10GBほどパケ残ってたし、特段気にせず使ってみた。
んで、今朝確認したら、一晩でほぼ使い切り。
mineoは、子ども2人それぞれ5GB/月と、めったに使わない私が500MB/月で契約している。しかし子どもも自宅と学校もWiFi使えるし、毎月パケット繰越しで、今月もパケットシェアで30GB使える状態だった。
でも、気にせず使ったら一晩で1/3を使い切り。子どもも通学時にしか使わないとはいえ、5GB/月契約でよく足りているなぁ…。
{CAPTION}

トレッキング・ポール

ウォーキング頑張ってると膝を痛めるみたいな話から、トレッキング・ポールを薦められ、形から入る派は、さっそく買ってみた。

試しに、飽きずに武衛山。上半身がふらつくのを支えられるし、いつもより楽だった。下山でも膝も楽だし、つま先の靴ずれも大丈夫だった。ただ、夕方になって、腕肩がちょっと筋肉痛。(^_^;
# 元々が、運動嫌いなポンコツな体だから、しかたがない。

{CAPTION}

{CAPTION}

{CAPTION}

国別拒否リストでVN,PH追加

自宅サーバへの攻撃のチェック中。IPアドレスの所属する国を確認した拒否リストを作ってフィルタリングしているけど、改めて攻撃者のIPアドレスを、whois を使って国を確認する。

今回は、現時点で許可している状態で、ssh への攻撃をドメイン毎に分類して作成したCクラスの拒否リストの国を確認したら、ベトナム 60 件、フィリピン 12件。ということで、日本としては仲良くしたい国かもしれんけど、ゴメン拒否の国に追加やわ。

 

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト