ホーム » コンピュータ

コンピュータ」カテゴリーアーカイブ

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

ラズパイのインタフェース名

自宅の raspberry-pi の設定を触っていて、何気に raspi-config を起動して設定を確認していたら、適当にポチポチさわってて、Network Options, N3 Network Interface Names の設定を触ったようで、再起動がかかったらネットワークがつながらない。

しかたがないので USBキーボードとHDMI のモニタつなげて、直接設定を触ろうとするものの、HDMI に信号が出てこない。

これでは、設定を触ろうにも何もできない。

raspi-config を使わないで設定を変更

もう raspberry-pi 単独では触りようがないので、micro-SD を外して、母艦のサーバで 起動時の設定を触ることとした。

間違って触った Network Interface Names は、古い eth0 などのインタフェース名でなく、enx112233aabbcc みたいな MAC アドレス を交えた新しいインタフェース名を使うような設定(predictable interface naming)。この機能が動き出したおかげで、インタフェースの初期化に失敗している。この設定を戻さないと。

$ sudo bash
((( raspberry-piの/bootフォルダをマウント )))
# mount -t vfat /dev/sdd1 /mnt  デバイス名/sddの部分は要変更

((( predictable interface naming を無効化 )))
# vi /mnt/cmdline.txt
net.ifnames=0  ファイル末尾に追加

((( sshサーバ機能を有効化 ))) 
# touch /mnt/ssh

((( HDMI の出力を有効化 )))
# vi /mnt/config.txt
hdmi_safe=1    先頭の方のこの行をコメントアウト
               低解像度のsafeモードでHDMIを設定

# umount /mnt
((( raspberry-piのrootをマウント )))
# mount -t ext4 /dev/sdd2 /mnt
((( ネットワークの設定ファイルを変更 )))
# vi /mnt/etc/dhcpcd.conf
...

んで、母艦で編集していた micro-SD を raspberry-pi に差し戻して起動。

Raspberry-Pi のファーム壊れた

Raspberry-Pi、ネットワーク越しに rpi-update してた途中でWiFi中継器のネットワークが切れてしまった。おかげでファームウェアの更新に失敗。どうもファームウェアがぶっ飛んだようで、起動しなくなった。タイミング最悪。

その RPi は、ITオンチな1F両親向けに、家族の予定をLED掲示板に表示させてるために使ってた。でも、買い替えるといっても RPi4 買うほどの処理じゃないしな。

難しい話抜きで、Google Nest 買った方が便利かな。でも、OK,Google、使いこなせないだろうしなぁ…

サーバの電源トラブル

朝、UPS がピーピー鳴って、サーバの電源が落ちた。

電子レンジにコーヒーサーバが重なると、ブレーカーが落ちる前に UPS が反応することがある。

我が家では、サーバが DHCP サーバとなっているから、ルータなどが生きていても、ネットワークが一切使えなくなる。

UPS の劣化などを疑うけど、更新は2017年1月なので、バッテリー状態も最悪なほどでもないはず。

apcupsdによる電源停止は正しく動作

UPS が再び正常に通電できるまで、少し手間取ったけど、復旧後に状態を確認。サーバが死ぬ前にシャットダウンを開始し、正常に電源停止が出来ている。

# grep apcupsd /var/log/syslog
Jan 11 08:59:30 perrine apcupsd[823]: Power failure.
Jan 11 08:59:36 perrine apcupsd[823]: Running on UPS batteries.
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: Reached run time limit on batteries.
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: Initiating system shutdown!
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: apcupsd exiting, signal 15

apcupsd-cgi をインストール

UPS の状態を確認するが、電源電圧が朝の起床に合わせて95[V]を下回っている

しかし、munin では、サンプリング感覚が5分なので、落ちる瞬間にどういう状態になっているのか確認したい。ひとまず、apcupsd を CGI から表示するパッケージが出ているので、それをインストール。

apcupsd/apccontrol

apcupsd の設定ファイルを見ていると、/etc/apcupsd/apccontrol というスクリプトから、状態に応じて様々な警告が出ている。電源が UPS の電源に切り替わる時には onbattery スクリプトから、管理者宛にメールを出している。改めてメールを確認すると、

perrine UPS perrine Power Failure !!!
 
DATE     : 2020-01-11 08:59:35 +0900  
HOSTNAME : perrine
VERSION  : 3.14.14 (31 May 2016) debian
UPSNAME  : perrine
CABLE    : USB Cable
DRIVER   : USB UPS Driver
UPSMODE  : Stand Alone
STARTTIME: 2019-12-30 16:18:32 +0900  
MODEL    : APC ES 550G 
STATUS   : ONBATT 
LINEV    : 88.0 Volts
LOADPCT  : 23.0 Percent
BCHARGE  : 100.0 Percent
TIMELEFT : 19.7 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME  : 5 Seconds
SENSE    : Low

落ちる瞬間の電圧は、88[V] 。ちょうど、ママの朝トーストとバリスタのスイッチを入れていたあたりだな。

どちらにしろ、onbattery スクリプト起動から、killpower 開始まで若干の15秒ほどの時間があるし、メールだけでなく google-home-notifier を使って、電源異常を喋らせるようにしてみた。

iMac な猫ベッド

数年前に、知り合いからもらったiMac。猫ベッドに改造していたけど、まるっきり入る気配なしだった。今回は寒い中、ヒーターを点けたら予想以上に寛いでくれた。

我が家のWiFi機器の登録

子どもに「ネットワーク機器」が新たに届く。そろそろ、専門用語も通じる様になってきたので、セットアップ方法を伝授。

普通の家なら、WiFiルータのAOSSのボタンを押して…と言うところだろうが、我が家はネットワークの登録は手作業。

(1) ルータの設定画面 http://192.168.11.1 に接続し、login: admin , password: ●●●
(2) 詳細設定→無線設定→MACアクセス制限
(3) 登録リストの編集で、登録リストの新規追加

普通の家なら、WiFiルータで DHCP サーバ機能(プライベートアドレスの貸し出し機能)が動いているので、これで終わり。

ただし、我が家では、ネットワーク機器の稼働状況を管理するために、

(4) 固定IPアドレスを割り振るために DHCP サーバへの登録、/etc/dhcp/dhcpd.conf の編集
(5) IPアドレスを名前で呼び出せるようにするための DNS サーバへの登録 /etc/db.xxxx の編集
(6) 登録されていない MAC アドレス機器を監視するために、監視対象から外すための /etc/arpalert/maclist.allow への追記
(7) その他にも hosts への追記、Samba のための lmhosts への追記

と、面倒な設定が必要。これを全部管理するのは大変なので、これらの管理の自動化を行うプログラムが作ってあるので、その設定ファイルに、機器の ホスト名・IPアドレス・MACアドレスを記載すればいい。

詳細は、各設定ファイル内のテンプレート部に併記してあるコメントを参照。

EdgeRouter-X ver 2.0.8 に更新

12/5 に、EdgeRouter-X のファームウェア 2.0.8 が公開されたみたい。さっそく適用。

といっても、何が変わったかしらんけど。(^_^;

zsh の設定調整

macOSの標準シェルがzshになって、Linux環境にもzshを入れて使い始めたけど、時々予想外の動きをしてくれた。

リモートのファイルをscpでコピーしようと “scp remote:*.c .”みたいなことをしたら、no match*.c みたいなエラー。ワイルドカード展開のタイミングが bash などと違うみたい。

逆に、リモートホスト名が書いてある状態だと、ファイル名補完でリモートに接続しようとして待ちが発生して使い勝手も悪くなるといった情報もある。

そこで、上記2つの問題に対応するために、.zshrc に以下の内容を追加。

PROMPT="%F{cyan}[%n@%m %1~]%(#.#.$)%f "
setopt nonomatch
zstyle ':completion:*:complete:scp:*:files' command command -

Google Home ルーティンの設定

Google Home mini を活用しているけど、ベッドやメインをLED照明にして Google Home で On/Off することが定番になってきたので、家から出る時や帰った時に定番の処理をルーティンで登録してみた。

いってきます/ただいま/おやすみ で照明とテレビをまとめて On/Off 。

おはよう については、Google アシスタントのデフォルト設定をそのまま使って、天気予報と今日の予定の確認。朝イチは crontab で テレビや照明をつけているので照明との連動は不要。

おやすみ では照明制御だけでなく、Google アシスタントの標準の機能で、スリープサウンドを一定時間流すということもできる。試しに「小川のせせらぎ」とかを選んでみた。

小川のせせらぎ、トイレの音

スリープサウンドに設定した「小川のせせらぎ」だけど、うちの奥さんが起きている時に実演したら「トイレの流れる音」みたいという指摘で、スリープサウンドはとめることになった。

IFTTTの機能名

Google Home で、自宅の温度センサーを google-home-notifier で喋らせようとしているけど、「部屋の温度」といった言葉だと本来のエアコンのセンサーを呼出すために特別処理をしているのか、連動に成功しない。

でも、こういった機能はルーティンに登録して使った方が、長々としゃべらなくていいので、割り切って「拡張機能の温度」といった言葉で定義して、「おはよう」のルーティンに「拡張機能の温度」にて登録した。

EdgeRouter-X を L2-Switch

先日、EdgeRouter-X を reboot したら設定が飛んでしまった。

VPN は WRM-D2133HP に移行

外部からの L2TP による VPN 接続用に導入していた。しかし新たに導入したWiFi ルータ WRM-D2133HP は L2TP/IPSec に対応していたので、我が家の複雑なネットワーク構成を単純化するためにも VPN は WRM-D2133HP で対応させることにした。

WiFiルータの VPN だから、設定は簡単に終了。

EdgeRouter-X は 単純な L2-Switch 化

VPN を移行し本来なら不要になった EdgeRouter-X だけど、何も使わないのはもったいないし、自宅内の HUB ポートが埋まっているので、単純に L2-Switch の設定に変更。(といってもVLANは切らないけど)

macOS Catalina と zsh

macOS Catalina(10.15)

基本ファイルシステムがリードオンリーになるとか、システムの変更がいつもになく危険そうでアップデートを躊躇っていた、macOS Catalina だけど、人柱の方々の撃沈のネタもなく、ようやく Catalina を入れてみた。

でも、心配だった割には、特に重大なトラブルもなく、インストールは終わった。

この後、Macports なども更新を行った。一部、ossp-uuid のパッケージが不具合を発生して、”sudo port clean ossp-uuid” を実行した程度。

Debian環境も zsh に移行

インストールも無事に終わったけど、Catalina からは標準 shell が zsh に変更になった。そこで、身の回りの Debian の環境でも zsh を入れてみた。

ただ、インストールしようとすると、zsh-static という動的リンクをしないパッケージもある。

システムの動的リンクライブラリが異常になっても動くようにということだろう。そこで admin では、zsh-static を使うようにしておいた。

$ sudo aptitude install zsh zsh-static
$ chsh -s /bin/zsh
$ sudo chsh -s /bin/zsh-static root

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト

Secured By miniOrange