ホーム » コンピュータ

コンピュータ」カテゴリーアーカイブ

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

メッシュネットの導入を検討

先日から、子供の部屋にWiFiが使えるように1Fに設置していたアクセスポイントが調子が悪いようで撤去した。

でも、同じ1F居間のTVやらRaspberry-Piやらがネットワークにつながらなくなり、どうも1FまでのEthernetか、その先のPLC(電力線経由ネットワーク)が壊れたようで、その先のWiFi-AP,TV,RPiが相倒れとなった様子。

かといって、PLCは元々通信速度もあんまり出ないし、壊れたとしても再購入も疑問。

WiFi環境の見直し

WiFi-APで自宅内どこでもWiFiが使えるようにしていたけど、再接続の性能も悪いし、ルータの更新を検討した。今までにも、WEX-733D とかを試したけど、接続がよく切れるし使用を断念していた。そこで、専用にメッシュネットWiFiルータとして売られている製品を検討してみた。

Buffalo で最新のものは、WTR-M2133HP/E2S だけど、値段も高い割に Amazon のレビューではうまく動いていない報告が目立つ。そこで値段も手ごろで、Amazon レビューでもトラブルの報告の少ない WRM-D2133HP/E1S を選択。

予想される問題

問題点としては WRM-D2133HP は、ルータのLANポートが3ポートに減る。現在のルータには、Linuxサーバ,メインWindows機, VPNルータ, 8ポートHUBと繋がっているので、ポート不足になるはず。ひとまずはVPNルータの空きポートを使うかな…。

たぶん壊れた1Fにつながるネットワークは、なんとか復活させたい。今の所、メッシュネットでつながるようになるなら、WEX-733Dを復活させようと検討中。ただし、中継機能を使うとネットが切れやすくなるような症状が予想されるので、無線LANアダプターとして使い、中継器のWiFi親機機能を無効化したほうがいいだろうな。

Windows Terminal preview 版

Microsoft による Windows Terminal が Microsoft Store で公開された。

さっそく立ち上げてみたけど、PowerShell にて端末が起動した。早速 ssh にて Linux に login して emacs を立ち上げてみる。以前のターミナルだと、漢字幅などで表示が崩れたけど、このバージョンはさすがに問題なし….

と思ったけど、M-x のつもりで、ESC→x と入力すると、ESC-M-x と表示される。普通に、alt-x と入力すれば M-x になるんだけど、レガシーなヤツは ESC-x が染みついている。

EdgeRouter-X ver 2.0.3

ER-X の ver 2.0.1 は、一度公開されてからすぐに消えたけど、こんどはちゃんと ver 2.0.3 が公開されているみたい。ということで、更新。

Windows10 Update 1903

なんか、ようやく Windows10 Update  1903 が入ってきたな。

これで、WSL(Windows Subsystem for Linux) の中で、LinuxとWindowsの境が狭まるかな。

でも、適用が終わったら、PIN 認証に失敗するようになった。パスワード認証は長めなので login が超めんどくさくなった。

Hass.io

TH-D74でNoraGateway

D-STARのアクセスポイントをNoraGatewayで構築しようと、チャレンジしていたが無線機側をどう設定すればいいのか解らず、四苦八苦。

ようやく解ってきた。ポイントは、TH-D74をデジタルモードにしたうえで、DVモード。さらに、データモードに設定すれば動き出した。

{CAPTION}

しかし、動き出したのはいいけど、アクセスポイントに接続する無線機に付けたコールサインと、ゲートウェイに設定するコールサインが、別の免許状が必要。自宅の設備を自分が使えないのは不便だし、所属している社団コールサインの利用を検討してみよう。

TH-D74でaprxを動かす

以前、TH-D72 で aprx を動かしてみたけど、APRSとD-STARを兼ねた TH-D74 で運用をためしてみた。

initstring に何を設定すべきか悩んだけど、TH-D74はコマンドモードとKISSモードを切り替えながらという使い方はできない?みたいなので、設定は不要みたい。

# /etc/aprx.conf
mycall JR9PVZ-10
myloc  lat 3553.48N lon 13613.33E
<aprsis>
   passcode 22202
   server   rotate.aprs2.net
</aprsis>
<logging>
   pidfile /var/run/aprx.pid
   rflog   /var/log/aprx/aprx-rf.log
   aprxlog /var/log/aprx/aprx.log
   dprslog /var/log/aprx/dprs.log
</logging>
<interface>
   serial-device /dev/ttyACM0 9600 8n1 KISS
   # initstring  "" THD74は基本KISSモードなので初期化無し
   alias       RELAY,WIDE,TRACE
   callsign    $mycall # callsign defaults to $mycall
   tx-ok       true # transmitter enable defaults to false
   telem-to-is false # set to 'false' to disable
</interface>
<beacon>
   beaconmode both
   cycle-size 60m
   beacon     symbol "I#" $myloc comment "Tx-iGate + Digipeater"
</beacon>
<digipeater>
   transmitter $mycall
   <source>
      source   $mycall
   </source>
</digipeater>

TH-D74の設定

[F]-[LIST],[F]-[LIST] KISSモード
パケットスピード 9600 bps
無線周波数 144.640 MHz

 

後で、TH-D72 で動作検証するかもしれないので、設定ファイルを2つ別に分けて切り替える設定を追加。

VPNルータの気絶で、自宅内ネットワーク総倒れ

今朝置きたら、”OK, Google”と呼びかけると、”インターネットに接続されていない”と悲鳴をあげてくれた。色々調べると、ネットワークが機能していない。我が家はDHCPやDNSを自宅サーバで運用しているから、サーバと繋がらないだけで、全機能麻痺。

状況分析

システムがトラブって、PCから ping を打つけど、どれにも繋がらない。このため、WiFiルータ(Buffalo-WZR-1166DHP2)の故障を想定した。

しかし、手持ちの代替え用WiFiルータにServer,PCとつなぐと簡単に復旧。これでWiFiルータ故障決定かと、HUB,VPNルータ(EdgeRouter-X)とつなげたら、またネットワークが落ちてしまった。そこで、HUBだけつなげたら…VPNルータだけつなげたら…と実験したら、VPNルータがつながるとネットワークが落ちることが判明。

VPNルータの故障かと思い、ひとまず電源リセットを行ったら、あっさり復旧。原因がWiFiルータでもないため、故障を疑ったWiFiルータをもとに戻したら、これまた正常動作。ということで、原因はVPNルータが気絶して、同一セグメントの機器を巻き込むような異常パケットを垂れ流していたのだろう…という結論に至る。

EdgeRouter-X のファームウェアを 1.10.9 に戻す/2019-05-10

今回の EdgeRouter-X のトラブルだけど、前回ファーム更新で、2.0.1 があったので、適用したけどその後すぐに消えてしまった。
たぶん、ファームが不安定だったのかと思われる。ということで、不安定の原因も考えられるので、1.10.9 に戻した。

画面スケッチ機能とな

Windows 10 の画面キャプチャの機能だけど、スマートな起動方法を覚えられないまま、検索で snipping ツールを起動するという、ダサい手順に慣れていたけど、新しい画面スケッチ機能に移行らしい。

覚えられないから、記事として書いてメモしておこう。こうやると覚えられるかな。[Windows]+[Shift]+[S] …。

我が家は、今日が令和初日

ようやく、我が家のPCにも Windows 10 ver 1809 のアップデートが到着。無事に令和を迎えました。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト