ホーム » 「Buffalo」タグがついた投稿

タグアーカイブ: Buffalo

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

WEX733DのMACアドレスが変化

メッシュネットワークも一通り設定が終わり、安定して使えるように…と思ったら、1F居間と2FをつなぐWEX733Dから返答がない。(icingaを使って主要なデバイスの生死監視をしている)

確かめてみると、親機に設定した際のMACアドレスと、違ったMACアドレスになっている。このため、こちらが想定しているWEX733DのIPアドレスと異なるため、ping などが取れなかった。

WEX733D-前 60:xx:xx:29:xx:xx
WEX733D-後 62:xx:xx:28:xx:xx

この症状は、他の Buffalo のルータでも確認していて、WZR-1166DHP2では、

WZR1166DHP2 B0:xx:xx:xx:xx:xx
WZR1166DHP2 B2:xx:xx:xx:xx:xx

のような値が取れていた。今回 WEX733D には、DHCP の fixed-address の設定を使っているため、これを正しく登録しておかないと、IPアドレスが変化してしまう。

今回のMACアドレスを確認すると、第1オクテットのBit1は、グローバルアドレスとローカルアドレスを区別するビットみたい。

そこで、60…と62…では、それぞれ違うIPアドレスを対応づけて、死活管理で以下のように設定した。

確認用の script では、2つの check_ping を || で連結し、本来のIPアドレスで返答がなければ、予備のIPアドレスの返答を確認することとした。

define command{
  command_name check_host_alive_multi
  command_line /usr/lib/nagios/plugins/check_ping
                  -H '$HOSTADDRESS$' -w 5000,100% -c 5000,100% -p 1
            || /usr/lib/nagios/plugins/check_ping
                  -H '$ARG1$' -w 5000,100% -c 5000,100% -p 1
  }

define host{
  use            generic-host
  host_name      wex733d
  alias          wex733d
  address        192.168.xx.xx
  check_command  check_host_alive_multi!192.168.xx.yy
  }

WZR-1166DHP2-Ver 2.18

久々に、WiFiルータ WZR-1166DHP2 のファームウェア Ver 2.18 が公開されていた。同じく、WCR-1166DS も新しいファームウ Ver 1.33 ェアが公開されている。早々にインストール。

長らく更新が無かったなか、複数の製品でファーム更新ってきたから、Buffalo固有の大きなバグを心配したけど、「SSLバージョン3.0の脆弱性対策に伴い、SSLバージョン3.0を無効にしました」だそうだ。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト