ホーム » 「Buffalo」タグがついた投稿

タグアーカイブ: Buffalo

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

2022-03-26-クラス●さんへのメモ

このページは、息子の入居先のネットワークトラブルの原因を(私が自宅に帰るため)、ネットワーク関連の担当者に状況を伝えるためのメモです。

本格入居までの状態

  • 2月末に契約を行い、荷物運び込みなどを順次行い、3月上旬に入居。
  • ルータは、Buffalo WSR-1800AX4S ver 1.03 で、今回の新居にあわせ新規購入品。
    この際にはルータのデフォルト設定(Auto/Router)のスイッチで接続。
  • 「インターネット@スタート」で初期化が行われたが最初は繋がったが、すぐに切れてしまった。
    しかし、色々と接続設定を変えていたら、何らかの”偶然”だったのか接続できるようになった。入居日から翌日までは、そのまま接続ができていた。
  • この後、帰省先に帰り1週間後に本格的な入居(3/26)

3/26のメモ

  • 入居先に到着し、インターネットを接続するが、ここでも「最初の10秒?から30秒ほどは繋がったがすぐにインターネットに接続できない状態」となる。
  • ルータのWAN状態は…
    • つながる時は 192.168.200.6 などのIPアドレスリースをうけている。
    • 切れた状態になると「インターネット@スタートで接続するが繋がらない状態」になる。
  • クラス●さんに連絡を入れ、担当者さんからの連絡を受ける。

担当者さんのアドバイス以降

  • 担当者さんのアドバイスにより、ルータをManual / Access Point モードにしたが、一時的に繋がったが30秒程度接続ができた後、繋がらなくなる。(過去の状態と同じ)
    • PCは、192.168.200.15 が割り当てられた。
    • ping 192.168.200.1 を実行したが30秒ほど後で応答が途切れる。
  • こちらの判断で、ルータを Manual / Router モードに変更し、再起動したが、同様の症状。
    • 自宅ルータも Buffalo で、過去に「インターネット@スタート」でトラブったことがあるので Auto / Router モードは信用していない。
  • 動かない原因が古いファームウェアのバグといったトラブルを避けたいので、別途Webで入手したファームウェアに更新。ただし、バージョン番号は同じ ver 1.03なのでファーム更新はただの気休めの予定だった。
  • しかし、ファームウェア更新ご再起動したら、安定してつながる状態となった。
    (意味不明!?!?!?!?)

原因の推測

  • つながったのにすぐに切れる。
  • 他の居住者からはトラブル連絡はない。
    • トラブルが全建物的なものなら別途クレームがあるはず
  • 今回のこのルータは、帰省中の1週間使われていなかった。
  • ルータからのDHCPのリース時間は、259200sec = 3日間
  • 一旦繋がったら、安定して使えている。

これらのことより

  • リース済みIPアドレスの再利用(リース延長/DHCP Request)は正しく動いている。
  • 新規接続はつながるけど、すぐに切れる。DHCP Offer が失敗する?
  • リース期間の情報が、サーバと端末で、ずれていることが原因ではないか?
  • 上流のDHCPサーバ(192.168.200.1) の時計がずれているのではないか?
  • すぐに繋がらなくなるのは、他のPCにリース済みのIPアドレスを、時計がずれることが原因で、間違って再延長許可(DHCP Request に ACK を返答)するため、他のPCとIPアドレス重複を起こして繋がらなくなる?(他の重複したIPアドレスを使っているPCがパケットを出すまでは一時的に使える)
  • リース期間が切れる前にリース延長(DHCP Request)を行う端末は、安定してつながる。

2022-03-27 追記

  • 朝、ネットワークを使ったら無事に使える状態であった。
  • しかしながら、10分ほど安定して利用できていたが、再び繋がらない状態となる。
  • 繋がらない状態になった時に、改めてルータの通信パケットを見ると、エラーパケットが0なので、ケーブルが抜けかかっているとか、コリジョンが発生しているとかの原因ではないと思われる。
  • ルータの通信LOGには、WAN側接続のトラブルに関する記録なし。

rsyslogの設定

Buffalo のルータのログをサーバに保存する設定。ルータを更新した時に、syslog 設定までやってなかった。ということで、改めて設定。

出力するファシリティは、local1 なので、以下の設定を加える。
以前に、設定した時は、/etc/rsyslog.conf を触ったけど、Debian流で /etc/rsyslog.d に local1.conf ファイルにまとめる。

サーバ側の設定

(( /etc/rsyslog.d/local1.conf ))
#
module(load="imudp")
input(type="imudp" port="514")
local1.*   /var/log/local1.log
#
(( /etc/logrotate.d/rsyslog ))
  /var/log/messages
+ /var/log/local1.log

ルータ側の設定

Buffaloのファームウェア更新情報のRSS生成

我が家のネットワークは、Buffalo 製品で統一しているけど、ファームウェアの更新は自動取得にしている。

ファームウェア更新の情報を確認したいので、Buffalo の firmware ダウンロードページを自宅の機器に厳選してクローリングし RSS 情報に変換するスクリプトを書いてみた。

WEX733DのMACアドレスが変化

メッシュネットワークも一通り設定が終わり、安定して使えるように…と思ったら、1F居間と2FをつなぐWEX733Dから返答がない。(icingaを使って主要なデバイスの生死監視をしている)

確かめてみると、親機に設定した際のMACアドレスと、違ったMACアドレスになっている。このため、こちらが想定しているWEX733DのIPアドレスと異なるため、ping などが取れなかった。

WEX733D-前 60:xx:xx:29:xx:xx
WEX733D-後 62:xx:xx:28:xx:xx

この症状は、他の Buffalo のルータでも確認していて、WZR-1166DHP2では、

WZR1166DHP2 B0:xx:xx:xx:xx:xx
WZR1166DHP2 B2:xx:xx:xx:xx:xx

のような値が取れていた。今回 WEX733D には、DHCP の fixed-address の設定を使っているため、これを正しく登録しておかないと、IPアドレスが変化してしまう。

今回のMACアドレスを確認すると、第1オクテットのBit1は、グローバルアドレスとローカルアドレスを区別するビットみたい。

そこで、60…と62…では、それぞれ違うIPアドレスを対応づけて、死活管理で以下のように設定した。

確認用の script では、2つの check_ping を || で連結し、本来のIPアドレスで返答がなければ、予備のIPアドレスの返答を確認することとした。

define command{
  command_name check_host_alive_multi
  command_line /usr/lib/nagios/plugins/check_ping
                  -H '$HOSTADDRESS$' -w 5000,100% -c 5000,100% -p 1
            || /usr/lib/nagios/plugins/check_ping
                  -H '$ARG1$' -w 5000,100% -c 5000,100% -p 1
  }

define host{
  use            generic-host
  host_name      wex733d
  alias          wex733d
  address        192.168.xx.xx
  check_command  check_host_alive_multi!192.168.xx.yy
  }

WZR-1166DHP2-Ver 2.18

久々に、WiFiルータ WZR-1166DHP2 のファームウェア Ver 2.18 が公開されていた。同じく、WCR-1166DS も新しいファームウ Ver 1.33 ェアが公開されている。早々にインストール。

長らく更新が無かったなか、複数の製品でファーム更新ってきたから、Buffalo固有の大きなバグを心配したけど、「SSLバージョン3.0の脆弱性対策に伴い、SSLバージョン3.0を無効にしました」だそうだ。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト