ホーム » 「wsl2」タグがついた投稿

タグアーカイブ: wsl2

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

wsl2 の設定

WSL2 の設定

((( /etc/fstab )))
LABEL=cloudimg-rootfs   /      ext4  defaults   0 0
Z:                      /mnt/z drvfs defaults   0 0

Microsoft Terminal の設定

((( settingsjson )))
{
    :
    "defaultProfile": "デフォルトで起動するコマンドのguid",
    :
    "profiles":
    {
        "defaults":
        {
            // Put settings here that you want to apply to all profiles.
            // ターミナルのフォント
            "fontFace": "Cascadia Code",
            // ターミナルの色構成のデフォルト
            "colorScheme": "Solarized Light",
            // ターミナルのカーソル形状のデフォルト
            "cursorShape": "filledBox"
        },
        "list":
        [
            :
            {
                "guid": "{...}",
                "hidden": false,
                "name": "Ubuntu-20.04",
                "source": "Windows.Terminal.Wsl",
                // ログインした時のホームディレクトリ指定
                "startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04/home/t-saitoh"
            }
        ]
    },
    :
}

wsl2の再インストール

wslの設定ファイルの /etc/fstab を間違った設定をしたようで、wsl(Debian)が起動しなくなった。C:\Users\ユーザ名\AppData…? の中から実体を探せば直せそうだったけど、サクっと直ればいいなと思って Microsoft Store で WSL 環境をアンインストールした。

ただ、このやり方はまずいやり方だったようで、不備のある設定がどこかに生き残ったようで、新たに入れようとした Ubuntu 20LTS のインストールが始まらない。

色々と確認したけど再起動すると、WSL の仮想マシンを立ち上げようとがんばろうとするのか、数分間ブラックアウトするようになるし、最悪。時間がたつとようやくWindows にloginできたので、「設定」-「アプリ」-「Windows のその他の機能」で、WSL 自体を削除&再設定したら、Ubuntu 20 LTS のインストールが始まった。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト