ホーム » t-saitoh の投稿

作者アーカイブ: t-saitoh

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

マイナンバーカードの電子署名機能を使った

初めてマイナンバーカードの電子署名機能を使った。

アマチュア無線で開局の情報を修正するので、電子申請の方法があり、メールとブラウザを使う申請Liteがあったけど、入力不備があるのか、送信ができなかった。そこで、電子署名を使う電子申請を使おうとしたけど、公的認証アプリの更新やら、認証キーのインストールやら、IE11上の作業があり、「なんだかなぁ~」状態だった。

JR9P※※ 復活

アマチュア無線部の引率に合わせ、古いコールサインの復活を申請していたけど、ようやく免許状が届いた。記入ミスもあったけど、担当者がうまく修正してくれて、手続きもスムーズに進むと思っていたけど、免許状が届くまでは思ったより長かった。

とはいえ、知り合いから譲り受けたハンディ機もあるので、早々に追加の修正を申請するけど、この後は免許状の番号もあるし電子申請で行おう。

コールサインって個人情報だとは思うけど、アマチュア無線ではコールサインから相手が分かることが前提なので、コールサインSNSではばらしておこう。

eRemote mini ファームウェア更新

eRemote mini の更新トラブル

部屋の赤外線リモコンでの家電制御のために買っていた、LinkJapan さんの eRemote mini だけど、ファームウェア更新(v55)が出ていたので、更新作業。ただ、更新を始めても、更新されない状態が続いていた。メーカー側の対応が終わったのか、ようやく更新に成功。

{CAPTION}

LED照明のON/OFF

LinkJapan のスマホアプリの eHome や、自宅サーバからの制御に登録をしてみた。

ただ、LED照明は、リモコンの POWER ボタンを押す度に、ON→常夜灯→OFF→ON と変化する。このため、「照明を消す」を登録しても常夜灯に変化し、もう一度「照明をつける」とOFFになる。サーバ制御であれば、「照明をつける」にPOWER✕1回、「照明を消す」にPOWER✕2回で登録すれば、ひとまずは騙せるけど…

google-home → IFTTT → サーバでON/OFF の場合、発話の自由度が低いので eHome に照明として登録した方が、操作は楽。

また、ベッドの照明のリモコンも eHome に登録したけど、これは eHome 設置場所と照明間の距離があって、動かなかった。(x_x;;

apachectl graceful で segfault part2

以前、apachectl graceful を実行すると、segfault で子プロセスが止まっていて、php7.3 に 統一したら、なぜかしら問題解決をしていたが、症状が再発。

また、mbstring で segfault が発生している。

解決しないので、/etc/logrotate.d/apache2 を修正

/var/log/apache2/*.log {
   :
   postrotate
      if invoke-rc.d apache2 status > /dev/null 2>&1; then ¥
         invoke-rc.d apache2 stop   > /dev/null 2>&1; ¥
         invoke-rc.d apache2 start  > /dev/null 2>&1; ¥
      fi ;
   endscript
}

ケーブルネットのG-240W-B更新

2018/10/31 に丹南ケーブルテレビのメンテナンスがあったようだけど、どうやらルータ G-240W-B のファームウェアが IPv6 の関係で更新があったようだ。設定画面がなんか変わってる。ただし、IPv6 機能はまだ使えない。

ただ、これに合わせ、我が家では、DMZ の設定と、ポートフォワーディングの設定をしているけど、どうも変。DMZの宛先は VPN ルータ宛にして、http,https,smtp,ssmtp…といったサービスだけ、ポートフォワーディングで自宅サーバのつながった内部ルータに通している。

G-240W-B の設定画面が変わっていて、ポートフォワーディングの設定が無いので、外部からは Web が見えないはずなんだけど、今までどおり見える。試しに、G-240W-B のポートフォワーディングの画面で設定をしようとすると、設定が重複しているというエラーメッセージ。今までどおり動いているし設定が見えないだけらしい。

でも、この状態では、ネットワークの設定を変更したくなっても、変更できないじゃん。

もこもこ

{CAPTION}

 

アマチュア無線コールサイン再取得

1990年頃に取得したアマチュア無線4級の免許だけど開局して、一時期はハンディ機を車に積んだり、スキー場で使っていた。しかし、携帯電話の普及と共に使わなくなり、コールサインの更新も止めた。それから20年。職場でアマチュア無線の同好会の活動が盛んになり、ARDFの大会の引率もあり、久々に無線機を使ってみようと画策。

免許状の紛失届&再発行

とはいえ、使おうと思っても、免許状を失くし、コールサインも失効し、無線ハンディ機もハードオフ行き。まずは、免許状は紛失&再発行。

古いコールサインで開局

コールサインは、北陸エリアでは利用者も少なく失効コールサインの再利用も無いので、昔使っていたコールサインが使えるようにしてみた。開局していた時の資料もないので、古いコールサインと免許状の情報を記載した資料を管理局に送って、使っていた証明書を発行してもらう。その証明書をつけて開局申請により、古いコールサインが使えるようになる。

新しい無線機を発注

この20年の間とはいえ、アナログ派としては大きな変化は無いけど、デジタル機は色々なものが出てきたみたい。パケット通信のARPNやら、D-STARなどで、インターネットを介した中継など便利な機能があるみたい。

ということで色々調べたけど、基本機能もしっかりしていて、D-STAR 機能のあるハンディ機 ID-51 PLUS2 を発注した。

開局申請書の記入ミス

アマチュア無線の再開局の申請書だけど、旧コールサインの利用履歴証明書などがあったので、電子申請でなく書類の郵送で申請した。しかし、今回使わなかった電子申請のアカウントのメールが届いたので、改めて確認したら、工事申請の書類に記入漏れに気づく。郵送の書類だし、不備修正が物理郵便だったら時間がかかるぞ…(x_x;

北陸通信局 Good Job です

しかたがないので、担当部署に電話してみた。

最初、担当者じゃない人と話ししてたら、やっぱり書類不備は物理郵便で再提出のような話があった。さすがにこれは時間がかかりそうだし、「途中から電子申請に切り替えられる?」それとも、「メールで修正書類送付できる?」って聞いてみた。

そのうち、担当者が戻ってきて、同じ話をしたら「申込みの無線機に合わせて修正済みで、特に再提出無しで継続手続き中」とのことだった。ありがとーごぜーますだ。

@TohruSaitoh-18/10/26

GATSBY


この記事は@TohruSaitohのつぶやきのまとめです。

自室のLED照明

2F居室にLED照明

自室の蛍光灯が劣化し暗くなってきた。子供部屋はすでにLED照明に切り替え済みだけど、これを契機に居室もLED照明に変えた。明るさや色調を変えたりON/OFFのできる赤外線リモコン付きなので、早々に学習リモコン eremote RM mini に記憶させる。

Google Homeで照明ON/OFF

ここまでくると、Web でのリモコン機能に追加し、さらに Google Home から IFTTT を経由した音声での照明 ON/OFF まで設定してみた。

ただ、単純な”照明”という単語は、Google Home で特別扱いされるので、”LED照明をつける/けす” で音声を登録した。ただし、これでも音声認識の精度が低く、失敗することも多い。うーむ。

@ezweb.ne.jp とお別れ

@au.com が使える

2018年5月から au では、@au.com のメールドメインが使えるようになっている。サービスの開始早々から、今まで使っていた @ezweb.ne.jp のアドレスと同じ物を申請し、携帯のメールアドレスは切り替え済み。ただ、ezweb 宛のメールも一部残っている可能性もあり、[ezweb-tensou] の目印付きで @ezweb.ne.jp → @au.com の転送を行うようにしていた。

@ezweb.ne.jp は spam ばっかり

しかし最近は、@ezweb.ne.jp 宛は、spam ばっかり。新しい @au.com には届いていない。

ということで、そろそろ潮時ということで、自動転送を停止し @ezweb.ne.jp とお別れとした。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト