ホーム » t-saitoh の投稿

作者アーカイブ: t-saitoh

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

ラズパイのインタフェース名

自宅の raspberry-pi の設定を触っていて、何気に raspi-config を起動して設定を確認していたら、適当にポチポチさわってて、Network Options, N3 Network Interface Names の設定を触ったようで、再起動がかかったらネットワークがつながらない。

しかたがないので USBキーボードとHDMI のモニタつなげて、直接設定を触ろうとするものの、HDMI に信号が出てこない。

これでは、設定を触ろうにも何もできない。

raspi-config を使わないで設定を変更

もう raspberry-pi 単独では触りようがないので、micro-SD を外して、母艦のサーバで 起動時の設定を触ることとした。

間違って触った Network Interface Names は、古い eth0 などのインタフェース名でなく、enx112233aabbcc みたいな MAC アドレス を交えた新しいインタフェース名を使うような設定(predictable interface naming)。この機能が動き出したおかげで、インタフェースの初期化に失敗している。この設定を戻さないと。

$ sudo bash
((( raspberry-piの/bootフォルダをマウント )))
# mount -t vfat /dev/sdd1 /mnt  デバイス名/sddの部分は要変更

((( predictable interface naming を無効化 )))
# vi /mnt/cmdline.txt
net.ifnames=0  ファイル末尾に追加

((( sshサーバ機能を有効化 ))) 
# touch /mnt/ssh

((( HDMI の出力を有効化 )))
# vi /mnt/config.txt
hdmi_safe=1    先頭の方のこの行をコメントアウト
               低解像度のsafeモードでHDMIを設定

# umount /mnt
((( raspberry-piのrootをマウント )))
# mount -t ext4 /dev/sdd2 /mnt
((( ネットワークの設定ファイルを変更 )))
# vi /mnt/etc/dhcpcd.conf
...

んで、母艦で編集していた micro-SD を raspberry-pi に差し戻して起動。

@TohruSaitoh-20/01/26

ねこすた


この記事は@TohruSaitohのつぶやきのまとめです。

Raspberry-Pi のファーム壊れた

Raspberry-Pi、ネットワーク越しに rpi-update してた途中でWiFi中継器のネットワークが切れてしまった。おかげでファームウェアの更新に失敗。どうもファームウェアがぶっ飛んだようで、起動しなくなった。タイミング最悪。

その RPi は、ITオンチな1F両親向けに、家族の予定をLED掲示板に表示させてるために使ってた。でも、買い替えるといっても RPi4 買うほどの処理じゃないしな。

難しい話抜きで、Google Nest 買った方が便利かな。でも、OK,Google、使いこなせないだろうしなぁ…

階段で肘を激しく強打

階段で転んで、肘を激しく打ってしまった。

翌日に人間ドックを予定している中、痛みも酷いし即病院とも思ったが、冷やしていたらジンジンとくる程でもないし、ひとまず様子見。

人間ドック2日コース受診

人間ドックを、この数年受けていなかったので予約をしていたが、脳ドックなども受けられる様にしたら、この時期になった。福井県済生会病院でうけたけど、泊まる部屋もシングルだし、検診フロアはリゾート地みたいな雰囲気出してる。

1日目

1日目は、前日21:00以降の食事抜きで、糖尿病検査のための糖負荷試験というヤツで、朝イチの血液検査後に甘いサイダー飲んで、1時間後,2時間後に採血となった。

1日目のシメに、MRIとCT検査。MRI は初めて受けたけど、騒音が凄かった。例えるなら、古いウルトラマンで異星人に精神攻撃を受けているシーンの効果音で、それが15分続く。気分が悪くなる人もいるというけど、分からなくもない。

不健康自慢しても変だし、問題ないネタだけBLOGに書いておこう。超音波検査で腎臓?に、小さな嚢胞があると言われたけど、血液検査を合わせて考えると、大丈夫なヤツらしい。あと、聴覚検査では以前職場の健康診断でも言われているけど、左耳の高音域が聞こえが悪いと、改めて言われる。

人間ドックの前日の夜に階段でコケて、激しくヒジ付近を打って、内出血とかしたと思うので、血液検査は変な値でるかなぁ…。

2日目は、胃カメラなので1日目21:00以降は再び絶食。

{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

2日目

朝から、最後のシメの胃カメラ。事前に鎮静剤の注射を打ってもらうと、苦しまなくて済むと勧められ、改めて確認する。しかし、鎮静剤を打つ場合は、事前に診察を受け、終わっても鎮静剤の効き目が残るため車の運転ができないらしい。車で来ているのもあり、あきらめて普通の胃カメラ。相変わらずのゴホゲホウゲウガ状態で苦しんだ。

結果としては、若干胃が荒れて赤く逆流性胃炎で小さなポリープが数個あったけど、問題ないレベルとのことであった。

胃カメラの後に、前日のMRIの結果を教えてもらった。これまた高血圧などが原因でなりやすい血流が悪くなった小さな脳梗塞部分があったけど、これまた加齢を考えるとよくあるレベルとのことであった。しかしながら、高血圧やコレステロールなどの状態が続けば状態が悪化するとのことで、改めて高血圧・コレステロールといった生活習慣病を改善するように、食事制限や運動を勧められる。

ほかにも、ちょっとした問題はあるけど、即入院といった問題点が無かったので一安心。

サーバの電源トラブル

朝、UPS がピーピー鳴って、サーバの電源が落ちた。

電子レンジにコーヒーサーバが重なると、ブレーカーが落ちる前に UPS が反応することがある。

我が家では、サーバが DHCP サーバとなっているから、ルータなどが生きていても、ネットワークが一切使えなくなる。

UPS の劣化などを疑うけど、更新は2017年1月なので、バッテリー状態も最悪なほどでもないはず。

apcupsdによる電源停止は正しく動作

UPS が再び正常に通電できるまで、少し手間取ったけど、復旧後に状態を確認。サーバが死ぬ前にシャットダウンを開始し、正常に電源停止が出来ている。

# grep apcupsd /var/log/syslog
Jan 11 08:59:30 perrine apcupsd[823]: Power failure.
Jan 11 08:59:36 perrine apcupsd[823]: Running on UPS batteries.
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: Reached run time limit on batteries.
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: Initiating system shutdown!
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: apcupsd exiting, signal 15

apcupsd-cgi をインストール

UPS の状態を確認するが、電源電圧が朝の起床に合わせて95[V]を下回っている

しかし、munin では、サンプリング感覚が5分なので、落ちる瞬間にどういう状態になっているのか確認したい。ひとまず、apcupsd を CGI から表示するパッケージが出ているので、それをインストール。

apcupsd/apccontrol

apcupsd の設定ファイルを見ていると、/etc/apcupsd/apccontrol というスクリプトから、状態に応じて様々な警告が出ている。電源が UPS の電源に切り替わる時には onbattery スクリプトから、管理者宛にメールを出している。改めてメールを確認すると、

perrine UPS perrine Power Failure !!!
 
DATE     : 2020-01-11 08:59:35 +0900  
HOSTNAME : perrine
VERSION  : 3.14.14 (31 May 2016) debian
UPSNAME  : perrine
CABLE    : USB Cable
DRIVER   : USB UPS Driver
UPSMODE  : Stand Alone
STARTTIME: 2019-12-30 16:18:32 +0900  
MODEL    : APC ES 550G 
STATUS   : ONBATT 
LINEV    : 88.0 Volts
LOADPCT  : 23.0 Percent
BCHARGE  : 100.0 Percent
TIMELEFT : 19.7 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME  : 5 Seconds
SENSE    : Low

落ちる瞬間の電圧は、88[V] 。ちょうど、ママの朝トーストとバリスタのスイッチを入れていたあたりだな。

どちらにしろ、onbattery スクリプト起動から、killpower 開始まで若干の15秒ほどの時間があるし、メールだけでなく google-home-notifier を使って、電源異常を喋らせるようにしてみた。

おはよう ございます にゃ

{CAPTION}

@TohruSaitoh-20/01/02

  • 01/02 @Natsume_Nyanko 妖怪に干支ってあるのかな… [元記事]
  • 12/26 @official_jintan まずは仁丹トッピングのケーキ作って試食してからやな。 [元記事]
  • 12/06 RT @BUSMANTHEWORST: 今日は実家の亡くなった親父の部屋で寝ます。

    認知症だったんですけど、
    たぶん母ちゃんに怒られながら、
    記憶と闘ってる親父のノートを見つけてしまい、
    さっき病院で親父の亡骸を見ても余裕だったのに、
    今は涙が止まらない? https://t…

高橋大輔


この記事は@TohruSaitohのつぶやきのまとめです。

あけましておめでとうございます

iPhone XR への更新

お兄ちゃんのスマホが iPhone SE でそろそろ iOS 更新も怪しいし3年を経過。

iPhone XR 128GB 黒(Apple Care+ 2年間付き)に更新。機種変更の記録としてメモ。

毎度ながら、WiFi MAC アドレス制限の我が家では、MAC アドレスを見つけるまでがひと手間。ひとまず iTunes 接続でそれなりに設定して設定・情報画面を出す。

プロファイルインストール

子供がママばあちゃんちに遊びに行くと、ネットにつながらないとの連絡。そういえば、キャリアのプロファイルインストールしてなかったな。
普通に電話が通じたし、WiFiも安定して繋がっていたから、気づかなかった。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト

Secured By miniOrange