Windows」カテゴリーアーカイブ

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

ママパソ更新 HP Spectre x360 11

2011年に購入していたママパソ ASUS Zenbook が、在宅勤務マシンとしては性能不足なのか不安定な動きをするようになってきた。さすがに9年はしかたがないかな。

ということで、新しいパソコンを選んでいたが、タブレットのように持って使いたいという思いもあって、HP Spectre x360 11に落ち着いた。届いたし早速セットアップ。インストール作業も能力余裕だから、サクサク進む。

古いマシンばっかり使ってると「Windows 10 の Update って、クリーンインストール直後なら2晩仕事だよねぇ~」という間違った認識が染みついている人間なので、余裕なマシンはまぶしすぎる….(x_x;;

wsl2 の設定

WSL2 の設定

((( /etc/fstab )))
LABEL=cloudimg-rootfs   /      ext4  defaults   0 0
Z:                      /mnt/z drvfs defaults   0 0

Microsoft Terminal の設定

((( settingsjson )))
{
    :
    "defaultProfile": "デフォルトで起動するコマンドのguid",
    :
    "profiles":
    {
        "defaults":
        {
            // Put settings here that you want to apply to all profiles.
            // ターミナルのフォント
            "fontFace": "Cascadia Code",
            // ターミナルの色構成のデフォルト
            "colorScheme": "Solarized Light",
            // ターミナルのカーソル形状のデフォルト
            "cursorShape": "filledBox"
        },
        "list":
        [
            :
            {
                "guid": "{...}",
                "hidden": false,
                "name": "Ubuntu-20.04",
                "source": "Windows.Terminal.Wsl",
                // ログインした時のホームディレクトリ指定
                "startingDirectory": "//wsl$/Ubuntu-20.04/home/t-saitoh"
            }
        ]
    },
    :
}

wsl2の再インストール

wslの設定ファイルの /etc/fstab を間違った設定をしたようで、wsl(Debian)が起動しなくなった。C:\Users\ユーザ名\AppData…? の中から実体を探せば直せそうだったけど、サクっと直ればいいなと思って Microsoft Store で WSL 環境をアンインストールした。

ただ、このやり方はまずいやり方だったようで、不備のある設定がどこかに生き残ったようで、新たに入れようとした Ubuntu 20LTS のインストールが始まらない。

色々と確認したけど再起動すると、WSL の仮想マシンを立ち上げようとがんばろうとするのか、数分間ブラックアウトするようになるし、最悪。時間がたつとようやくWindows にloginできたので、「設定」-「アプリ」-「Windows のその他の機能」で、WSL 自体を削除&再設定したら、Ubuntu 20 LTS のインストールが始まった。

Windows 10(2004)とwsl2をインストール

wsl2 を使いたくって、windows insider preview を導入して、そろそろ公開されるはずの Windows10 (ver:2004,build:19041)に更新し、Windows Subsystem for Linux 2 をインストールしてみた。

wslの起動は、いままでもっさりしてたけど、今はconsole開いたら、すぐに使えるな。

ただ、Windows の更新で、カナ漢字変換のキーアサインが元に戻ってら。

インターネット回線の速度テスト

ネットワーク速度って、Ether > WiFi としか思ってなかったけど、WiFiの方が倍以上速い結果になってら。パソコンもそれなりに古いとはいえ、そういう時代か。

改めて確認したら、パソコンが100MbpsのHUBに繋がっていたじゃん。そういえば、ルータのギガビットが埋まってて一時的に繋ぎ変えてたっけ。Edgerouter-X を HUB 接続してできた所につなぎ替え。

iPhone 10 WiFi – 11ac で、240Mbps

{CAPTION}

パソコンの Ether 経由をギガビットにつないで本来の速度。

パソコンの Ether 経由だけど100MbpsHUBに繋がってた。

PWなしWiFiとVPNの利用

夏休みの家族旅行でホテル。ただ、最近は減ってるけど、ホテルのWiFiがパスワードなし。こういうWiFiは、通信データが盗聴される可能性がある(参考「ホテルのWiFiの危険性は高い?)」ので、最近は使用を避けたい。

でも、家では以前から VPN サーバを使えるようにしているので、この際、家族にも使い方を説明して積極的に使ってもらおう。サーバ,ユーザID,PW,事前共有キーは、別途メールするとして、設定方法は他の人の解説記事をみてもらおう。

VPN接続だと、セキュリティが安心というのもあるけど、自宅だけに制限している機能(WordPressへの記事の投稿とか、自宅ネットワーク状況の表示など)も使える。

Windows Terminal preview 版

Microsoft による Windows Terminal が Microsoft Store で公開された。

さっそく立ち上げてみたけど、PowerShell にて端末が起動した。早速 ssh にて Linux に login して emacs を立ち上げてみる。以前のターミナルだと、漢字幅などで表示が崩れたけど、このバージョンはさすがに問題なし….

と思ったけど、M-x のつもりで、ESC→x と入力すると、ESC-M-x と表示される。普通に、alt-x と入力すれば M-x になるんだけど、レガシーなヤツは ESC-x が染みついている。

Windows10 Update 1903

なんか、ようやく Windows10 Update  1903 が入ってきたな。

これで、WSL(Windows Subsystem for Linux) の中で、LinuxとWindowsの境が狭まるかな。

でも、適用が終わったら、PIN 認証に失敗するようになった。パスワード認証は長めなので login が超めんどくさくなった。

画面スケッチ機能とな

Windows 10 の画面キャプチャの機能だけど、スマートな起動方法を覚えられないまま、検索で snipping ツールを起動するという、ダサい手順に慣れていたけど、新しい画面スケッチ機能に移行らしい。

覚えられないから、記事として書いてメモしておこう。こうやると覚えられるかな。[Windows]+[Shift]+[S] …。

我が家は、今日が令和初日

ようやく、我が家のPCにも Windows 10 ver 1809 のアップデートが到着。無事に令和を迎えました。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト