ホーム » コンピュータ » Apple Pay不具合(ともかく24時間あける)

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

Apple Pay不具合(ともかく24時間あける)

GWで東京に遊びに行った際に、 Apple Watch の Suica のチャージに失敗し、復旧にすごく手間取った。 対応としては、短時間に復旧を行おうとすると、クラッキング対策で 失敗するみたい。

(経緯) 出先で、Apple Watch で Suica チャージに失敗し、 リトライをしたら、 「前回~処理が正常に終了していませんでしたので、復旧処理を行います。(1050)」 と表示がでるけど、うまくいかない。

参考記事で、iPhoneでアプリを停止、電源OFF、エラー復旧をしたら…的な物をみつけたけど、失敗。 そのうちに、 「時間をおいて安定した通信環境でもう一度「Suica一覧」から操作し、復旧処理を行ってください。(1210)」 と表示される。他の記事では、「翌朝5時を越えて」という情報があって、翌朝試すけど、やっぱり同様の症状。

一旦、Suica を消して(サーバ側に残して)、再登録を試したけど、カードの追加ができない。 追加作業をすると、 カードを再度追加、現在このカードは追加できません。24時間以内に追加可能になります。

一旦、Apple Watch を iPhone と接続を解除して、再接続し、icloudから復旧を行ったが、 Suica だけでなく、普通の Quick Pay 用のクレジットカードでさえ、 “Apple Pay を設定できませんでした。” というエラーメッセージで、Apple Watch に登録ができない。

24時間というメッセージがあったから、24時間待つべき…と思ってもいたが、 メールで「24時間以内に復旧できます」なんてメールが来て、作業するとダメ。

最後は、24時間「以上」を待って作業をしたら、あっさり認識。

どうも、Apple Pay は、登録するカード情報が24時間以内だったりすると、 クラッキングされている可能性があるということで、作業を拒絶するらしい。
ということで、ネットに色々と Apple Pay の 1050,1210 のエラーの対処法が書いてあるけど、 基本「24時間以上待て!」が原則だとおもう。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト