ホーム » 「DKIM」タグがついた投稿

タグアーカイブ: DKIM

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

amavisd-newでDKIMのエラー

数日前から、以下のようなエラーメールが届くようになった。

Argument "1.20200513.1" isn't numeric in numeric ge (>=) at /usr/share/perl5/Mail/SpamAssassin/Plugin/DKIM.pm line 686.
Argument "1.20200513.1" isn't numeric in numeric ge (>=) at /usr/share/perl5/Mail/SpamAssassin/Plugin/DKIM.pm line 809.

どうも、DKIM の Perl スクリプトが amavisd-new のバージョン確認で、実数形式のバージョン番号の比較でエラーになっている様子。ge 使えって書いてあるし、そうしてみた。でも、versionが9.9超えたら、また変になるよな。まあ、両方とも 1.2とか2.1とかだし 9.9 超える頃には、更新かかるだろ。

686: -if ($version >= 0.31) {
     +if ($version ge "0.31") {
809: -if (Mail::DKIM::Verifier->VERSION >= 0.40) {
     +if (Mail::DKIM::Verifier->VERSION ge "0.40") {  

DNSにDMARCを設定

SPF, DKIM の設定がうまく動いているようなので、DMARC も設定してみよう。

DMARC は、SPF, DKIM にてメールの送信者認証で問題が発生した際にそのメールをどう扱ってほしいかを受け取り側に伝えるための設定。なりすましを受けたら報告してもらえるという意味でも便利かも。

DMARCの設定

ひとまず、なりすましは無いと思うけど、DMARCの設定ミスでメールが消えても困るから、p=none を設定し、問題が起こっても特になにもしてもらわないことにする。メール受信時の成功などの統計用情報が送られてくるメールアドレスと、失敗(なりすまりが発生?やばい!?)のメールアドレスを設定

mydns.jp の自宅ドメインの設定で、以下のような情報を返すように設定を行う。

_dmarc.tsaitoh.net IN TXT “v=DMARC1;
     p=none;
     rua=mailto:report-a@tsaitoh.net;
     ruf=mailto:report-f@tsaitoh.net”

p=none(なにもしない)でなく、p=quarantine(隔離), p=reject(廃棄), に設定すると、レポートメールが送られるようになる。

DMARCの状態レポートの受信設定

上で設定した、統計用メール、失敗用メールの受取先を実際に配送できるように、/etc/aliases に登録。

$ sudo vi /etc/aliases # 以下を追加
report-a: root
report-f: root
$ sudo newaliases

試しに Google のメールアドレスにメールを送ったら、dmarc=pass が表示されるようになった。(現時点では、p=none なので report-a 宛などのメールは送られてこない)

Authentication-Results: mx.google.com;
       dkim=pass header.i=@tsaitoh...
       dkim=pass header.i=@tsaitoh...
       spf=pass (google.com: domain of ...
       dmarc=pass (p=NONE sp=NONE dis=NONE) ...

DMARCレポート

後日 p=quarantine にレベルを上げたら、以下の様なレポートが届く様になった。なりすまし被害なしってことで。

自宅メールサーバをDKIM対応へ

Yahoo のメールアカウントに、迷惑メール対策のため「DMARC」導入を開始しますとのメールが届いている。送信側ドメイン認証のひとつで、なりすましだった場合の取り扱いを設定することができるらしい。

しかし、自宅メールサーバは、mydns.jp を用いたダイナミックDNSを用いたサイト。このため、メールサーバを立ち上げても spam 送信元と誤認(なりすましと誤認)される可能性も高く、自宅サーバからのメールは、受け取り側で迷惑メールフォルダに落ちないか心配したり、すぐに相手に届くか不安であった。

ということで、DMARC の前に、DKIM にて信用してもらえるように設定を行う。DKIMは受信したメールが正しいメールサーバから送られ改ざんされていないか確認する方式SPFは以前に導入済みだけど、正しいメールサーバから発信されたか確認する方式なので、DKIM ほどの信頼はない。

opendkim のインストール

Debian では、opendkim のパッケージが配布されているので必要なパッケージをインストールする。設定のために セレクタ名 を postfix としてプライベートキーを生成する。/etc/dkimkeys/postfix.txt には、DNS に登録する “IN TXT” の設定が生成される。

$ sudo aptitude install opendkim opendkim-tools
$ cd /etc/dkimkeys
$ sudo opendkim-genkey -D /etc/dkimkeys -b 1024 -d tsaitoh.net -s postfix
$ sudo chown opendkim:opendkim /etc/dkimkeys/*

opendkim の設定として、上記処理で作られたプライベートキーを登録し、DKIM キーを付加する処理のためのサーバと接続するためのソケットを定義する。

((( 以下のファイルを編集 )))
$ sudo vi /etc/opendkim.conf
Domain   tsaitoh.net
KeyFile  /etc/dkimkeys/postfix.private
Selector postfix

Socket   inet:8892@localhost

DKIM 電子署名を付加するための postifix の設定

postfix でメールを送信する時に opendkim に接続し DKIM の電子署名を付加するために、前述のソケットに対応する設定を以下の様に記載する。

((( /etc/postfix/main.cf )))
$ sudo vi /etc/postfix/main.cf
smtpd_milters = inet:127.0.0.1:8892

DKIM のための DNS の設定

DNSに、公開鍵などの設定を行う。mydns.jp を使っているので、mydns.jp にログインし、DOMAIN INFO にて、以下の設定を加える。

_adsp._domainkey   IN TXT dkim=unknown
postfix._domainkey IN TXT v=DKIM1; h=sha256; k=rsa; p=XXX...XXX

DNS設定が正しく反映されているか確認。

$ nslookup -query=TXT _adsp._domainkey.tsaitoh.net 8.8.8.8
_adsp._domainkey.tsaitoh.net    text = "dkim=unknown"
$ nslookup -query=TXT postfix._domainkey.tsaitoh.net 8.8.8.8
postfix._domainkey.tsaitoh.net  text = "v=DKIM1; h=sha256; k=rsa; p=XXX...XXX

サーバの再起動とDKIMの確認

$ sudo service opendkim start
$ sudo service postfix restart

試しに Google のアカウントにメールを送ったら、メールヘッダに以下が表示されるようになった。SPF は、以前に設定済みなので、自宅サーバからのメールは、確実に相手に届くようになったと思われる。

ARC-Authentication-Results: i=1; mx.google.com;
        dkim=pass header.i=@tsaitoh.net ....
        spf=pass (google.com: domain of ....

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト