ホーム » コンピュータ » DNSにDMARCを設定

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

DNSにDMARCを設定

SPF, DKIM の設定がうまく動いているようなので、DMARC も設定してみよう。

DMARC は、SPF, DKIM にてメールの送信者認証で問題が発生した際にそのメールをどう扱ってほしいかを受け取り側に伝えるための設定。なりすましを受けたら報告してもらえるという意味でも便利かも。

DMARCの設定

ひとまず、なりすましは無いと思うけど、DMARCの設定ミスでメールが消えても困るから、p=none を設定し、問題が起こっても特になにもしてもらわないことにする。メール受信時の成功などの統計用情報が送られてくるメールアドレスと、失敗(なりすまりが発生?やばい!?)のメールアドレスを設定

mydns.jp の自宅ドメインの設定で、以下のような情報を返すように設定を行う。

_dmarc.tsaitoh.net IN TXT “v=DMARC1;
     p=none;
     rua=mailto:report-a@tsaitoh.net;
     ruf=mailto:report-f@tsaitoh.net”

p=none(なにもしない)でなく、p=quarantine(隔離), p=reject(廃棄), に設定すると、レポートメールが送られるようになる。

DMARCの状態レポートの受信設定

上で設定した、統計用メール、失敗用メールの受取先を実際に配送できるように、/etc/aliases に登録。

$ sudo vi /etc/aliases # 以下を追加
report-a: root
report-f: root
$ sudo newaliases

試しに Google のメールアドレスにメールを送ったら、dmarc=pass が表示されるようになった。(現時点では、p=none なので report-a 宛などのメールは送られてこない)

Authentication-Results: mx.google.com;
       dkim=pass header.i=@tsaitoh...
       dkim=pass header.i=@tsaitoh...
       spf=pass (google.com: domain of ...
       dmarc=pass (p=NONE sp=NONE dis=NONE) ...

DMARCレポート

後日 p=quarantine にレベルを上げたら、以下の様なレポートが届く様になった。なりすまし被害なしってことで。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange