ホーム » コンピュータ » Linux » Debian » ipsetを使って国別のFireWall設定

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

ipsetを使って国別のFireWall設定

Web記事を探していたら、国別のFireWallでのブロックで ipset というものが使える との情報から、試してみた。 ipsetを使った理由は、iptables に、別物管理したい国別ルールを入れたくなかったため。

ちなみに、ipdeny から取得した CIDR なIPv4なアドレスブロック数は、以下のようになった。 ロシアが多いのは納得だけど、インターネットの普及のイメージとして中国≒インド≒韓国 ぐらいの感じを抱いていたけど、中国のアドレスブロックの数はインド・韓国の3倍。 人口の影響かな?後発出遅れで細切れアドレスになったのかな….

$ wc -l *.zone
2635 cn.zone
602 id.zone
706 in.zone
659 kr.zone
6520 ru.zone
388 tw.zone
11510 合計

また、mergecidr.pl によって、隣接CIDRをマージさせてみたけど、 元々の11510件が、併合で9255件に減らすことができた(20%減)。

mergecidr.pl

#!/usr/bin/perl

my %net = () ;
while( <> ) {
  if ( /^(\d+)\.(\d+)\.(\d+)\.(\d+)\/(\d+)$/ ) {
    my $ip,$bt;
    ($ip,$bt) = ( ($1 << 24) + ($2 << 16)
              + ($3 << 8) + $4 , $5 ) ;
    $net{$ip} = $bt ;
    # printf( "# %08x/%02d\n" , $ip , $bt ) ;
  }
}
my $count = 1 ;
while( $count > 0 ) {
  my $lip = 0 ;
  my $lbt = 0 ;
  $count = 0 ;
  foreach my $ip ( sort { $a <=> $b } keys %net ) {
    my $bt = $net{$ip} ;
    if ( $bt > 0 ) {
      if ( $lbt == $bt && $bt > 1 ) {
        # printf( "%08x/%02d\n" , $ip , $bt ) ;
        my $dbt = $bt - 1 ;
        my $mask = (((1 << $dbt) - 1)
                   << (32 - $dbt)) ;
        if ( ($ip & $mask) == ($lip & $mask) ) {
          $count++ ;
          undef $net{$lip} ;
          undef $net{$ip} ;
          $net{$ip & $mask} = $dbt ;
          #printf( "%08x/%08x/%02d\n" ,
          #   ($ip & $mask) , $mask , $dbt ) ;
        }
      }
      $lip = $ip ;
      $lbt = $bt ;
    }
  }
}
foreach my $ip ( sort {$a <=> $b } keys %net ) {
  my $bt = $net{$ip} ;
  if ( $bt > 0 ) {
    printf( "%d.%d.%d.%d/%d\n" ,
            (($ip >> 24) & 0xff) ,
            (($ip >> 16) & 0xff) ,
            (($ip >>  8) & 0xff) ,
            ( $ip        & 0xff) ,
            $bt ) ;
  }
}

geoipdeny.sh

参考サイトのスクリプトをほぼ、そのまま借用。

DIR="/usr/local/etc/geoipdeny"
ZONEURL="http://www.ipdeny.com/ipblocks/data/countries"
# download zonefile
for GEO in cn.zone kr.zone ru.zone tw.zone id.zone in.zone
do
  /usr/bin/wget -q -O - "$ZONEURL/$GEO" \
  | /bin/grep -v "^#|^$" > $DIR/$GEO
done
/usr/sbin/ipset destroy GEOIPDENY > /dev/null 2>&1
/usr/sbin/ipset create GEOIPDENY hash:net
for IP in ` $DIR/mergecidr.pl $DIR/*.zone `
do
  /usr/sbin/ipset add GEOIPDENY $IP
done
/usr/sbin/ipset save GEOIPDENY > $DIR/geoipdeny.store
/usr/sbin/ipset destroy GEOIPDENY

fermの設定に登録

自宅のFirewallの設定には、iptablesな設定を、ブロック的にまとめて記載できる、 ferm というのを使っているので、その設定の中に、上記でできた ipset を参照させる。

(( 設定ファイルの先頭に ))
@hook post  "/usr/sbin/ipset destroy GEOIPDENY" ;
@hook pre   "/bin/cat /usr/local/etc/geoipdeny/geoipdeny.store
| /usr/sbin/ipset restore" ;
@hook flush "/usr/sbin/ipset destroy GEOIPDENY" ;
(( Firewallのブラックリストな設定部分に ))
mod set set GEOIPDENY ( src dst ) REJECT ;

次は動作確認。

# geoiplookup www.baidu.cn
GeoIP Country Edition: CN, China
# ipset test GEOIPDENY www.baidu.cn
220.181.111.147 is in set GEOIPDENY.
# w3m http://www.baidu.ch
これがなぜか接続成功するんだよな....

ということで、まだなにかオカシイ?

# export http_proxy=http://中国のOpenProxy:xxxx
# w3m http://tsaitoh.net/
Connection Refused...

おお、ちゃんと拒否られるな….

自宅からだと、間に透過PROXYでも入っているのかな…

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト