ホーム » コンピュータ » mineoで同一eoID間でパケットギフト

アーカイブ

カテゴリー

mineoで同一eoID間でパケットギフト

mineoで同一eoID間でパケットギフトが可能となったらしい。

パケット繰り越しは翌月まで

子ども2人とポケットWiFiルータで3回線契約だけど、自宅WiFiをうまく使えばパケット利用も少なく余るので、お兄ちゃんの6GB/月契約を6月から3GB/月契約に減らした。3回線はパケットシェアの設定をしたので家族合計で9GB/月(デュアル2回線+シングル1回線=約4200円)となり、最近の使用量からすると若干余る程度でピッタリに設定となる。しかし、出張とかお出かけがあると使用量が増え、パケット不足も発生する可能性がある。かといって、使わない月の余剰パケットは翌月までしか繰り越しできない。

パケットギフトによる繰り越し

パケットギフトのテクニックとして、月末にパケットギフトを発行して翌月に受け取るという方法があり、これを使えば翌々月まで活用できる。んで、このテクニックを使いたかったけど、今までは、家族の間で同一eoIDであるため、似た条件の友人と協力しないかぎり、この恩恵が得られなかった。しかし、元記事の情報が有効になれば、家族内でこの技が使えるはず。

でということで月末は、余ったパケットを子ども宛てにパケットギフトして、月が変わったら子どもにパケットを受け取ってもらうことで、余ったパケットをずっと持ち越ししてみよう。

まずは、月末に忘れないように、リマインドのメールを送る設定を入れる。

検索 🔎

My Google Yahoo
Gmail Map Google翻訳 Google Contacts News Calendar
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。