ホーム » コンピュータ » Linux » Debian » aptitude purge nano

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

aptitude purge nano

Linux で vipw とか visudo とかのコマンドを実行する時に、”vi”という名前のくせに、エディタ nano が起動して相変わらず使い方が判らない。

“export EDITOR=vi”とかをやりながら使っていたけど、よく考えたら nano なんて使ってないし、消せば alternative 機能が vim.tiny に切り替えてくれる。 だったら素直に “sudo aptitude purge nano” でいいじゃん。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト