ホーム » コンピュータ » Postieでimap-ssl接続に失敗

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

Postieでimap-ssl接続に失敗

職場のサーバでWordPressを動かす中、簡単な画像付きメールでのポストをするために、plugin の Postie を使っている。

状況確認

当初は、imap-ssl で動かしていたのだが、接続に失敗するようになった。

Postie (v 1.9.32)
getemails: There was an error connecting to the server 

メールサーバが、自宅メールサーバなので、FireWall 関連の設定のミスが考えられたが、nagios-plugins を入れて実験すると、以下のような結果なので、接続はできている。

$ /usr/lib/nagios/plugins/check_imap -p 993 -H xxxx -S
IMAP OK - 0.146 second response time on xxxx port 993 [* OK
  [CAPABILITY IMAP4rev1 SASL-IR LOGIN-REFERRALS ID ENABLE
  IDLE LITERAL+ AUTH=PLAIN] Dovecot (Debian) ready.]
  |time=0.145649s;;;0.000000;10.000000

問題点

原因を確認ということで、syslog を確認すると、以下のように SSL のハンドシェークでエラーが出ている。

Mar 24 00:50:39 xxxx dovecot: imap-login: Disconnected
  (no auth attempts in 0 secs): user=<>, rip=xx.xx.xx.xx,
  lip=192.168.xx.xx, TLS handshaking: SSL_accept() failed:
  error:14094418:SSL routines:ssl3_read_bytes:tlsv1 alert
  unknown ca: SSL alert number 48, session=<xxxxxx>

暫定の解決法

しかたがないので、dovecot の ssl の設定を変更、TLSv1.2 になっていた部分を TLSv1 に修正

(( /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf ))
- ssl_min_protocol = TLSv1.2
+ ssl_min_protocol = TLSv1

”TLS 1.0にはBEASTやPOODLEといった脆弱性があり、一定の条件下であれば暗号解読が可能であると言われています。”で、2018年6月30日以降は、TLSv1.0 は通常用途では勧められないとのことなので、多少心配ではあるけど…。

通常使っているメールソフトは、TLSv1.0 を使わないだろうし、実質このPostieだけの利用だろうし。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。