ホーム » コンピュータ » メッシュネットの導入を検討

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

メッシュネットの導入を検討

先日から、子供の部屋にWiFiが使えるように1Fに設置していたアクセスポイントが調子が悪いようで撤去した。

でも、同じ1F居間のTVやらRaspberry-Piやらがネットワークにつながらなくなり、どうも1FまでのEthernetか、その先のPLC(電力線経由ネットワーク)が壊れたようで、その先のWiFi-AP,TV,RPiが相倒れとなった様子。

かといって、PLCは元々通信速度もあんまり出ないし、壊れたとしても再購入も疑問。

WiFi環境の見直し

WiFi-APで自宅内どこでもWiFiが使えるようにしていたけど、再接続の性能も悪いし、ルータの更新を検討した。今までにも、WEX-733D とかを試したけど、接続がよく切れるし使用を断念していた。そこで、専用にメッシュネットWiFiルータとして売られている製品を検討してみた。

Buffalo で最新のものは、WTR-M2133HP/E2S だけど、値段も高い割に Amazon のレビューではうまく動いていない報告が目立つ。そこで値段も手ごろで、Amazon レビューでもトラブルの報告の少ない WRM-D2133HP/E1S を選択。

予想される問題

問題点としては WRM-D2133HP は、ルータのLANポートが3ポートに減る。現在のルータには、Linuxサーバ,メインWindows機, VPNルータ, 8ポートHUBと繋がっているので、ポート不足になるはず。ひとまずはVPNルータの空きポートを使うかな…。

たぶん壊れた1Fにつながるネットワークは、なんとか復活させたい。今の所、メッシュネットでつながるようになるなら、WEX-733Dを復活させようと検討中。ただし、中継機能を使うとネットが切れやすくなるような症状が予想されるので、無線LANアダプターとして使い、中継器のWiFi親機機能を無効化したほうがいいだろうな。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。