ホーム » 「WiFi」タグがついた投稿

タグアーカイブ: WiFi

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

stretchで起動しづらい

自宅で色々と動いている Raspberry-Pi 。OS更新はまめにやっているけど、外気温測定に使っているのが Jessie のままだったのに気づく。stretch に上げたけど、どうも起動に失敗する。更新に失敗したかと思ったけど、キーボードをつなぐために USB WiFi を抜いて起動すると、普通に動いている。

今までも、多少 boot が不安定なのはあったけど、stretch になって起動シーケンスが最適化されたのか、WiFi 有効化のタイミングが早まり、ブート時の電力不足が発生していると思われる。

ひとまず、改造面倒だし USB WiFi を抜いて、boot がそれなりに進んでから USB を指して対応。

WiFi 2.4Gのチャンネル変更

最近、子供からWiFiがよく切れるとのクレーム。調べてみたら、お隣さんのWiFiのチャンネルと被っているみたい。

2.4G [Hz] / 11n,11g,11b

何度かスキャンをかけると、2.4GHz帯のチャンネル選択は自動にしておいた状態で、自宅の1F用,2F用が3ch,11chを使っていて、しかもお隣さんも同じものを使ってる。倍速モードの拡張チャンネルも5chとか使われていて、これもかぶってる。

そこで、3ch,5ch,11chを避けるために固定チャンネルの設定を探し、お隣さんに近い WiFi-AP を 13ch(拡張9ch)、自室 WiFi-AP を 7ch(拡張11ch) にしてみた。

WiFi 場所 メインch 拡張ch
お隣近接側AP 13ch 9ch
自室AP 7ch 11ch

5G [Hz] / 11ac,11n,11a

5GHz の方は、電波が遮蔽物越しでは飛ばないようで、あんまりお隣さんが見えない。ということで、そのまま自動選択にしておこう。

WCR-1166DSを導入

色々と1FでのWiFi環境の整えるなか、先日は2FWiFiルータにレフ板を設置して、かなり改善したけど、ママが「台所で使えん!」とのクレーム。レフ板の方向からすると、1F居間が限界。ということで、親のエアコン更新した時のポイントが残っていたので、WCR-1166DS を買ってきた。Buffalo だから相性はいいだろう。

1F   駐車場
台所|居間|玄関|寝室
ーー+ーー+ーー+ーー
風呂| 座敷 | 座敷

2F |子供|子供|
  +ーー+ーー+
  | 居室  |
    (WiFi)  

WiFiレフ板

写真撮影用のレフ板ではありません。(^^;

2Fに設置してあるWiFiルータを補助するために、WiFi中継機 wex733d を設置してたけど、あまりにも動作が不安定なのできっぱり諦めた。代わりに、無線LAN電波を反射させるレフ板を作ってみた。手元にあった薄いスチロール板にアルミホイルを貼っただけ。

最初、WiFiの後ろの壁にそのまま立てかけたけど、効果も出て 1F居間 でもつながるようになった。しかしさらに外の駐車場(車のナビのWiFi)では、接続不可能だった。そこで、1Fに電波が飛ぶように、レフ板を下向きに倒してみた。これにより、外の駐車場でもかろうじて電波が取れるようになった。

{CAPTION}

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト