ホーム » コンピュータ » edgerouter-x の DNS fowarding 設定

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

edgerouter-x の DNS fowarding 設定

Edgerouterで キャッシュDNS を動かす

自宅サーバが落ちた時のDNSトラブル対策で、自宅内で運用しているEdgerouter-xをDNSの予備として稼働させるための設定。
options の欄は dnsmasq.conf の設定を読めと書いてあったので、ググりながら設定してみた。

ubnt@ubnt# show service dns forwarding
 cache-size 1200
 listen-on switch0
 name-server 8.8.8.8
 name-server 8.8.4.4
 name-server 192.168.xx.xx                             ## ルータのDNSを参照
 options server=/tsaitoh.takefu.fukui.jp/192.168.xx.yy ## 自宅内の正引き
 options server=/tsaitoh.net/192.168.xx.yy             ## 自宅ドメイン正引き
 options server=/168.192.in-addr.arpa/192.168.xx.yy    ## 自宅内の逆引き

自宅内のDHCPでは、自宅内DNSと、edgerouter-x を参照するように既に設定されている。
試しにメインサーバで “systemctl stop named” で DNS を停止した状態で、パソコンでブラウザを操作したけど問題なくWeb を使える。自宅内のホスト名もキャッシュの範囲でちゃんと動くかな。

DHCP failover を Edgeroute で運用

DNSの設定を見直していたら、Edgerouter-x には、DHCP の failover 機能(2台目のDHCP機能) の設定がある。たまにメインサーバが落ちた時に、自宅ネットワーク環境が一切動かなくなるので、Edgerouter で DHCP failover を運用してみる。

ubnt@ubnt# show service dhcp-server
 disabled false
 :
 shared-network-name localnet {
     :
     subnet 192.168.xx.0/24 {
         default-router 192.168.xx.xx
         dns-server 192.168.xx.xx
         dns-server 192.168.xx.yy
         domain-name tsaitoh.takefu.fukui.jp
         failover {
             local-address 192.168.xx.yy
             name edgerouterx
             peer-address 192.168.xx.xx
             status secondary
         }

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト