ホーム » コンピュータ » Linux » Debian » apcupsdの設定

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

apcupsdの設定

灯油切れでエアコンを付けたら、電源の容量オーバーでブレーカーが 落ちたのはいいけど、いつもならサーバの UPS がピーピー鳴るのに 今日は無音。さすがに2〜3年の寿命だったはずのものを、7年目じゃ しかたがない。

早々に UPS を入れ替えたけど、前回が安物でサーバとの連動が できなかったので、実績のある APC 社の ES-550 を購入。 電源連動も、apcupsd を入れれば一発。

apcupsd のインストール

以下は、単なる作業メモ。Web の情報そのまんま。

(( apcupsd のインストール ))
$ sudo aptitude install apcupsd
(( /etc/apcupsd/apcupsd.conf ))
UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
DEVICE /dev/usb/hiddev1
(( /etc/default/apcupsd ))
ISCONFIGURED=yes

munin で監視

apcaccess を使うと、電源やバッテリーの電圧、充電状態がとれる。 であれば、munin で監視させてみよう。

(( /etc/munin/my-plugins/apcupsd.awk ))
/^LINEV/        { print "linev.value",$3    }
/^LOADPCT/      { print "loadpct.value",$3  }
/^BCHARGE/      { print "bcharge.value",$3  }
/^TIMELEFT/     { print "timeleft.value",$3 }
/^BATTV/        { print "battv.value",$3    }
(( /etc/munin/my-plugins/apcupsd.sh ))
#!/bin/bash
#%# family=auto
#%# capabilities=autoconf
available="yes"
APCACCESS="/sbin/apcaccess"
test -x $APCACCESS || exit 1
case $1 in
config)
echo "graph_title APC UPS monitor"
echo "graph_category system"
echo "graph_vlabel filter volt."
echo "graph_args -l 0 --base 1000"
echo "loadpct.label Load[%]"
echo "loadpct.draw LINE2"
echo "bcharge.label Battery Charge[%]"
echo "bcharge.draw LINE2"
echo "timeleft.label Time Left[min]"
echo "timeleft.draw LINE2"
echo "linev.label Line[V]"
echo "linev.draw LINE2"
echo "battv.label Battery[V]"
echo "battv.draw LINE2"
exit 0
;;
esac
$APCACCESS | /usr/bin/awk -f /etc/munin/my-plugins/apcupsd.awk

監視を始めて、半日ほどだけど、家の電源電圧って思ったより変動しているんだなぁ… 95[V]~100[V] で変化している。家の問題というより、パソコン回りのタコ足配線のせいかもしれんけど。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト