ホーム » コンピュータ » サーバの電源トラブル

サーバ⚙

アーカイブ

カテゴリー

サーバの電源トラブル

朝、UPS がピーピー鳴って、サーバの電源が落ちた。

電子レンジにコーヒーサーバが重なると、ブレーカーが落ちる前に UPS が反応することがある。

我が家では、サーバが DHCP サーバとなっているから、ルータなどが生きていても、ネットワークが一切使えなくなる。

UPS の劣化などを疑うけど、更新は2017年1月なので、バッテリー状態も最悪なほどでもないはず。

apcupsdによる電源停止は正しく動作

UPS が再び正常に通電できるまで、少し手間取ったけど、復旧後に状態を確認。サーバが死ぬ前にシャットダウンを開始し、正常に電源停止が出来ている。

# grep apcupsd /var/log/syslog
Jan 11 08:59:30 perrine apcupsd[823]: Power failure.
Jan 11 08:59:36 perrine apcupsd[823]: Running on UPS batteries.
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: Reached run time limit on batteries.
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: Initiating system shutdown!
Jan 11 08:59:42 perrine apcupsd[823]: apcupsd exiting, signal 15

apcupsd-cgi をインストール

UPS の状態を確認するが、電源電圧が朝の起床に合わせて95[V]を下回っている

しかし、munin では、サンプリング感覚が5分なので、落ちる瞬間にどういう状態になっているのか確認したい。ひとまず、apcupsd を CGI から表示するパッケージが出ているので、それをインストール。

apcupsd/apccontrol

apcupsd の設定ファイルを見ていると、/etc/apcupsd/apccontrol というスクリプトから、状態に応じて様々な警告が出ている。電源が UPS の電源に切り替わる時には onbattery スクリプトから、管理者宛にメールを出している。改めてメールを確認すると、

perrine UPS perrine Power Failure !!!
 
DATE     : 2020-01-11 08:59:35 +0900  
HOSTNAME : perrine
VERSION  : 3.14.14 (31 May 2016) debian
UPSNAME  : perrine
CABLE    : USB Cable
DRIVER   : USB UPS Driver
UPSMODE  : Stand Alone
STARTTIME: 2019-12-30 16:18:32 +0900  
MODEL    : APC ES 550G 
STATUS   : ONBATT 
LINEV    : 88.0 Volts
LOADPCT  : 23.0 Percent
BCHARGE  : 100.0 Percent
TIMELEFT : 19.7 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME  : 5 Seconds
SENSE    : Low

落ちる瞬間の電圧は、88[V] 。ちょうど、ママの朝トーストとバリスタのスイッチを入れていたあたりだな。

どちらにしろ、onbattery スクリプト起動から、killpower 開始まで若干の15秒ほどの時間があるし、メールだけでなく google-home-notifier を使って、電源異常を喋らせるようにしてみた。

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。