ホーム » コンピュータ » Makefile に git は邪道?

サーバ⚙

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Makefile に git は邪道?

今まで、git はあんまり使ってこなかったが、講習会向けのファイル配布を github で簡単にできるようにするために、準備。

だけど、使い慣れていないからコマンドをいちいち確認。でも、add , commit , push の流れとかも、いちいちキー入力するのは面倒。IDE 環境使えば git コマンドも簡単なのかもしれないけど、オールドタイプは「make 使えばいいじゃん…」となってしまう。

git コマンド発行用 Makefile

以下の Makefile をプロジェクトに入れておけば、add, commit, push も “make”一発。

# git@example.com:foo/bar.git
GH_ID           = foo
GH_PROJECT      = bar
GH_SSH          = git@example.com:$(GH_ID)/$(GH_PROJECT).git

REPOSITORY      = origin
BRANCH          = master

DATE            := $(shell date +%Y/%m/%d)
HOSTNAME        := $(shell hostname)

all:            add commit push
                @echo $(GH_SSH)

add:;           git add -u
commit:;        git commit -m $(DATE)-$(HOSTNAME)
push:;          git push $(REPOSITORY) $(BRANCH)
pull:;          git pull $(REPOSITORY) $(BRANCH)

ただ、この設定しちゃうと、ちょっとファイルを触っただけでも “make” しちゃう癖がついているので commit を乱発することになるので、バージョン管理という意味では邪道かもしれない。、

dotfile を git で管理

以前、git を活用している人の記事で、リモートサーバを渡り歩く時、自分用の .bashrc などの dotfile をいちいちコピーするのは面倒だから、git を使う…というのがあったのでやってみる。

  • 自宅サーバで、ssh 経由で更新できる git サーバ環境を構築
  • dotfile 用のフォルダを作り、対象の dotfile をコピー
  • git init で dotfile フォルダを管理対象に
  • $HOME/.bashrc など消して、ln -sf dotfile/bashrc .bashrc で参照するように設定。
  • 前述 git コマンド発行用のMakefile なども準備して、make
  • あとは、新しいサーバを触る時には、”git clone git@…dotfile.git”

 

検索 🔎

  My Google     Yahoo

便利サイト